am blog am blog am blog

服の断捨離

正しく選ぶには、「自分が詰めて選ぶのだ」という気概が要る

Posted on 2017-06-02

 

こんにちは、水沢あゆみです。

今週初の早起きです。(笑)

 

オシャレというか、
ファッションは好きな方で
季節が変わると新しい服が
ちょっと(笑)欲しくなります。

ワードローブの断捨離をしたのもありますけど、
若かりし頃に比べ
服選びの難易度が上がり
買うことはずっと減りました。

年を重ねますと
あからさまに似合う似合わないが
ハッキリしてきたからです。。。(^_^;)

それでも服がくたびれてきたり、
合わなくなってくるので
ちょいちょい入れ替えてます。

 

で、先日に梅雨から真夏にかけての
涼しいパンツが欲しくて
通りがかったついでに(笑)
試着したのです。

ストレッチが効いた素材なので
シルエットがキレイに見えるように
よりフィットする小さい方を試しました。

ここで、気づいてしまったことがあります。

今はいているパンツがフィットしていなかったことを。。。

ユルくて楽と思ったら、
体にあっていないだけだった!
(つまり似合ってない!!汗)

パンツはシルエットがキモなので
シルエットがちゃんとフィットすると
とてもイケてる風に見えるんですよ!(笑)

 

もちろん
いいと思って買いましたし、
当時に比べ痩せたワケでもない。

なにより、
『自分ではいいと思ってたけど、そうでもなかった事実』
がショックで。。。

 

これは服1つと侮るなかれ。

一事が万事。

こういう風に
自分に合っていると選んだことが
本当に合っているワケではないってことが
他にもあるかもしれないのです。

服なら着て、
鏡で見ることが可能です。
体へも知覚しやすいです。

でも、試してみればわかることでも、
厳密に自分自身にフィットしているかどうかを
ちゃんと詰めて判断を下さないと、
本当に“わたし”に合っているのかどうかなんて
誰もジャッジしてくれないのです。

 

自分でわからないなら
ファッションでは
コーディネーターに依頼するのもありですし、
ビジネスなら
コンサルティグに依頼するのもあります。

ただ、やはり自分自身に合うものを
正しく選ぶには
「自分が詰めて選ぶのだ」という気概は要るのです。

 

と、パンツの試着からの学びでした。(笑)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

大きいと気づいたパンツは
太ればキレイに着られるのだろうか?(笑)

【 昨日の1日1新 】
塩豆パン

※詳しくは→「1日1新

 

新しいパラダイムが根付く時間

Posted on 2016-09-25

『お気に入りだけのワードローブ(クローゼット)』、
そんな言葉が流行り始めて
もうどれくらい経ちますでしょうか。

 

♦ 毎日同じ格好でいいというパラダイム

『毎日違う格好をする』、
長らく思い込んでいたパラダイムの1つです。

こちらのパラダイムを持つ女性は
少なくないのではないでしょうか。

クリスマスには恋人とレストランで食事、
バレンタインデーにはチョコを女性から男性にプレゼントする、
などなど。

いつの間にかイベント商法に乗っていたことに
乗らなくなってから気付いたワケです。

 

モデルや芸能人ではない普通の人は
毎日とっかえひっかえせずに同じような格好でいいと、

つまり似合うスタイルはそう多くはないのだから、
似合う気に入ったアイテムをずっと着続ければいい、
それがスタイルを持つことだという
パラダイムシフトが起こりました。

 

『お気に入りだけのワードローブ(クローゼット)』とは、
そういうことです。

“お気に入り”という言葉が意味する価値観は
まさに人ぞれぞれだと思います。

(わたしはまだスティーブ・ジョブズやザッカーバークほどに
割り切れてませんが。笑)

 

♦ パラダイムシフトのキッカケ

特にわたしのシフトの起こったキッカケは
持っている数量の臨界点を越えて
管理コスト(時間もお金も)に嫌気がさしたからです。

クリーニング屋さんに
服の数の多さを指摘されたこともありますから・・・・(遠い目)

しかし自己評価ではありますが、服自体の状態はよく、
またそれ自体のデザインもいい(と思っている)ものが多いので
愛着もありました。

逆説的ですが、愛着がなければすぐ手放せます。(笑)

 

どうやって管理コストを軽くしていくかを考えたときに
上記のパラダイムに出会い、
年齢的にも似合わないものがハッキリしてきたので
この1年、季節が巡るごとに絞り込みを続け、
必要な分量が段々とわかってきました。

 

♦ 1年かけて価値観を反映させてきた

お高いジャケットも、
見てるだけで気分の良くなる素敵な服でも、
わたしに合わないなら必要がないものだという現実を受け入れ、
減らしてきました。

 

本と同じで読まないなら使い道のない紙束になります。

それでも本ならいつ読んでも廃れない古典がありますが、
服飾品の方はそこまでになる品はそう多くはありません。

 

ワードローブの少数精鋭化を進めてきた今では、
部屋が広くなっても服は増えないでしょう。

1年かけて価値観を変えてきたからです。

というかもう広い家に住まなくても広く暮らせそうです。(笑)

 

これからは毎日同じような格好でいいから
『お気に入り』を使い切れる数で暮らしていきたいと考えています。
(でも服はまだまだいっぱいあり、もっと減らす予定^^;)

書きながら思いましたが、
結局“もったいない”が原点ですね。
(ビンボー性・笑)

 

【 今日のまとめ 】

1年かけて
新しいパラダイムを暮らしに根付かせてきた。

すぐに変えられたワケではないけれど、
だからこそ無理なく変え続けることができたのだ。

 

どうにかしたいものほど、数値で捉えよう
自分が求めていたことを知るきっかけ
コンパクトなのは楽
キレイに描かないことも続くコツ
求めているのは〈自分の好みとスタイル〉

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

久々の晴れです!@東京
暑いけど久々だから気持ちいいくらい。
人って本当にワガママですよね(^^;)

 

求めているのは〈自分の好みとスタイル〉

Posted on 2016-09-23

昨日のブログに、
1年かけてワードローブの断捨離をしてきて
服を着る限りワードローブの入れ替わりに終わりはない、
という認識になったと書きました。

たかが服だけど、されど服。

デザインを生業にやっているのもあり、
自分が着ている服が似合うか似合わないかは
見た瞬間にわかってしまうので
自分を納得させるのにやっています。

変だとわかっていながらソレを着ている日は
やっぱり憂うつです。

理想は、
少ない服で効率よく簡単にオシャレができるようにしたい!です。(笑)

 

♦ 頑張ってまで着たくないからワードローブを仕組み中

割り切りがいいというか、
つどつど変化を感じた際にはガッツリ手放してきました。

(余談ですが学生時代の教科書とか制服とかかばんとか速攻処分してます。)
そろそろ実家においてある卒業アルバムももういいかと・・・友人が持っているし。(笑)

 

若い頃はキレイにしているのが楽しくて、
あるいは感情の赴くままにアレコレと買いこんでいたのですが、
やはり数の閾値を超えまして、
管理の方が面倒で仕方なくなってました。

さらに30代半ばを過ぎた頃から似合う似合わないがハッキリし、
そうなると似合わない方向性のものを持っている意味はないんですよね。
パーソナルカラー診断と骨格診断を受けて理論的にも納得。)

 

もうコーデを頑張ってまで着たくないのです。

でもダサいのは避けたい。

というか、イヤです。(笑)

 

まあ、ファッション系のド本流に比べればささやかなレベルです。
(比べるところでもないですけど。苦笑)

 

♦ やっぱり自分の好みとスタイルの追求になる

気ままにやってきたものを
自分の意志でコントロールしようとすれば、
ジャンルがなんであれ必然的に
〈自分の好みとスタイルの追求〉となるのではないでしょうか。

本でも、趣味でも、仕事でも。

 

『ときめく片付け』や『断捨離』も手放す行為を経ることで
自身の価値観と生活との紐付けを再編集することとなり、
片付ける前より深く自分を知ることとなります。

さらに手放した後では
買う時も本当に必要なのか?とか、
自分に似合うのか?を問い、
それらを越えて手に入れたアイテムは
以前のものより愛着が違うんですよね。

そこが楽しいと言いましょうか。

 

そして今感じつつある課題は、
自分にフィットするアイテムを探す手間と時間の捻出・・・・

買うのなら、もう自分で探さずに
プロに頼むことも有りだなぁとは思ってます・・・
(今のところ予定はありませんが。)

 

【 今日のまとめ 】

ジャンルに関係なく自分の意志でコントロールしようとすれば、
それは最終的に〈自分の好みとスタイルの追求〉となる。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

昨日衣替えを進めたのに
来週は暑さがぶり返すとかの予報が・・・・(~_~;)

どの季節のアイテムもすぐ出せるようにはなっているので
気分の問題なんですけどね・・・・

 

ワードローブは動的平衡

Posted on 2016-09-22

ワードローブ(クローゼット)の断捨離・少数精鋭化を始めてから1年、
やっと季節が一巡しました。(長かった・・・・笑)

どうにかしたいものほど、数値で捉えよう
自分が求めていたことを知るきっかけ
コンパクトなのは楽
キレイに描かないことも続くコツ

絞り込みはだいぶ進んできましたので、
いよいよ自分仕様へ深化していく段階です。

 

『クローゼット』や『ワードローブ』など単語がいろいろありますが、
服だけでなく靴やバック、ストール・マフラー、アクセサリーなども含んでますので、
コーディネイトに関わるアイテム群を指して、
これからは『ワードローブ』と書くことにします。

■ワードローブ:wardrobe
衣装ダンス、衣裳部屋の意味。衣装ダンスから派生してその人の持っている衣装または衣装の組み合わせのことを言う。 ファッションスタイルを完成させるために必要なアイテムを指す場合もあり、コレクションやコーディネートを完成させる衣服の数々、という意味で使用されることがある。
ファッションプレスより引用

 

♦ 衣替えはさらなる絞り込みのチャンス!

今夏にワードローブの断捨離の際に読んだ本
着かた、生きかた』で、自分のスタイルを見直すのに
適したタイミングとして衣替えがありました。

しかもしまうものではなく、
出す方を見直すのがポイントだそう。

 

確かに引っぱり出した服をこれからの季節に向け、
着るのか?
着たいのか?
着られるのか?
を問い直すのには最適なタイミングです。

新しい季節が始まる前に
自分にとって必要なアイテムもチェックできます。

わたしも実際に痛んでなくとも合わなさそうなものは
いくつか手放すことにしました。

 

♦ 脱・軽度買い物中毒

昨年ワードローブの断捨離を進めていく中、
『2016年は服を買わない!』と決めました。

結果的にはいくつかのアイテムは買い足してますが、

春になったから!
夏が終わるから!
カワイイ!(もしくはカッコいい!)

との、単に「新しいオシャレがしたい・着たい」だけの理由で
飛びつきで買ってはいません。

わたしにはそれが一番大事なことではないのがわかったので。(苦笑)

 

これは気分的に「愛煙家の禁煙真っ最中」に近いと思いましたよ・・・・
買い物は病的ではなくとも軽く中毒化してました。

対処方法は“今だけガマン”です。(笑)

 

♦ ワードローブは動的平衡

逆説的ですが、断捨離して絞り込めば込むほどに
服を着る限りワードローブの入れ替わりに終わりはない、
という認識になりました。

仕事が変わったり結婚したり子どもができたりなどの
ライフステージもそうですし、
ライフステージに大きな変化はなくとも
年齢を重ねれば体型が勝手に変化します。

それに着続けたなら手入れをしても
痛みや劣化は避けれれません。

一生ものが一生似合ったままと思った時期もありましたけど、
永遠はないという原則はここでも当てはまるみたい。

 

■動的平衡をざっくりと「定義」すると。
絶え間なく動き、入れ替わりながらも全体として恒常性が保たれていること。
東洋経済記事より引用

 

【 今日のまとめ 】

ワードローブも絶えず入れ替わりながら
変わらずに変わっていもの。

そういうものだと思って
ワードローブから自分のあり方を問い直してみる。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

週末にやろうと思っていた衣替え・ワードローブチェックを
なんか気になってしまい、
こらえきれずに朝からやってしまいました・・・・

“今日の思いつき”でやってしまったので
ブログ記事への昇華です(^^;)

 

ファッションとドラッカーの共通点

Posted on 2016-08-07

2015年からのクローゼット(服)の断捨離が奏功し、
今夏は数を減らしつつも
コーディネイトで困ることのない状態にすることができました。

 

♦ 断捨離の前に自分に似合うものを診断してもらいました

断捨離の前にと言うか、同時並行的に
パーソナルカラー診断と
近年話題の骨格診断を受けました。

パーソナルカラー診断を受けてきました

■パーソナルカラー診断
自分の素肌、髪、瞳の色、頬、唇の5ヶ所から
季節に例えた4タイプのシーズンカラー(オータム/スプリング/ウィンター/サマー)に分類、
自分を魅力的に見せてくれるカラータイプを診断してくれるサービス。

■骨格診断
生まれ持った身体の「質感」「ラインの特徴」を知り、
自分自身の体型を最もキレイに見せてくれる
ファッションアイテムを知る診断技術のこと。
骨格タイプは「ストレートタイプ」、「ウェーブタイプ」、「ナチュラルタイプ」の3つに分類。
骨格診断ファッションアナリスト認定協会より引用)

わたしのパーソナルカラーは〈オータム(秋)タイプ〉で、
骨格タイプは〈ストレート〉でした。

 

ただ、この2つの診断で一番の学びとなったのは、
似合うものを知ったことではなく、
似合わないものを自覚できたことです。

 

♦ 似合わないものを知ることで、似合うものが明確になる

それぞれの診断は友達と行ったり、
グループ診断で受けたりと
自分以外のタイプの方と一緒だったので
その似合う似合わないの差を
正に目の当たりにしたのが良かったです。

以前は自分のスタイルやセンスが悪いせいかと思っていたのですが、
何のことはない、似合わないものを似合うように
頑張ってコーディネイトするから大変だっただけでした。(笑)

これらの診断を受けたことで少なくとも
パーソナルカラーでは3/4が、
骨格診断では2/3が選択肢としてなくなるのですから、
楽になるのは当然です。

自分に似合わない服の理由が理解でき、
合わないものをなんとか合わせようと悩んだり
買ったりするムダがなりました。

 

♦ 似合うものから好きなものを選ぶ

去年クローゼットの断捨離の際に読んだ本
スタイリスト・地曳いく子さんの『服を買うなら、捨てなさい』の第2弾、
着かた、生きかた』が響きました。

印象に残ったのはこちらの箇所。

「似合う服」というのは、自分の長所をきれいに見せてくれて、
逆に欠点を目立たせない服のことです。その中から、「好きな服」を選ぶのです。

好きなものを選ぶ、着るということはもちろん需要なことなのですが、
そこからもうワンステップ上がって、自分をより素敵に見せたいと思うなら、
「好き」は最初ではなく、最後の判断材料にすべき。
似合うものがわかってさえいれば、あとは存分に「好き」にこだわってください。

 

思わずドラッカー先生の言葉「自らの強みを知れ」を思い出しました。

パーソナル診断で弱みがハッキリしたからこそ
強みが明確になり、
コーディネイトの選択と集中が可能になりました。

 

ファッションでもビジネスでも、
何かに真剣に向き合うと言うことは
必ず深いところでつながっていくのです。

クローゼットはもっと絞りたいので
ゆっくり楽しみながら進めていきたいと思います。

 

【 今日のまとめ 】

似合うものを選ぶ前に似合わないものを知り、
そっちに手を出さないこと。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

★カラー診断はこちらで受けました
カラーミービューティフル(CMB):イメージアップクラス

★骨格診断はこちらで受けました
服を変えれば、生き方が輝く!40代の大人の女性のファッションコーデ

 

*** 今日の雑談 ***

個人的には20代は診断なんか受けずに
思い通りにやりたいようにファッションを楽しんで欲しいです。

受けるのは似合う似合わないがはっきりしてくる30代になってからで十分かと。
(ライフスタイルや好き嫌いが明確になってくるので。)

10代は似合わなくてもかわいいから好き放題にして〜って思います。(笑)

 

キレイに描かないことも続くコツ

Posted on 2016-05-16

IMG_5312

 

2015年は季節が巡る度に
服やら靴やら小物やらを減らしてきました。
(いわゆる断捨離)

 

♦ 疑問に感じたら、記憶より記録!

数が減った分、
1着の着用頻度が上がり嬉しいのですが、
いつも同じ服を着ているような気がしてきました。

 

こういう時こそ記憶より記録!

毎日のコーディネイトを
ついでに日記に描くことに。

・・・・楽しいではないですか、とても。(笑)

 

昔、写真で残そうとしたときは
撮りっぱなしで振り返ることができずに続きませんでしたが、
今度は日記というもともとの習慣の上に乗っかったので
気づけば1ヶ月以上経ってます。

 

♦ 手書きバンザイ!

手書きメモのいいところは
思いついた気になることを絵と一緒に書けることです。

気をつけるポイントとか、
気に入ったとか、
そうでもなかったとか。

そしてメモを振り返ってみたところ、
思いの外いろんな格好していまして(笑)、
結論としては、何のことはない慣れの問題のようでした。

 

♦ キレイに描かないことが続くコツ

服はあと1/3くらい減らせればベターと思っています。

ここからは厳選度を高め、
少しずつ削っていくようなイメージです。

なので、2016年は服飾品は買わないつもりでいます。
(昨日1アイテム買ってしまいましたけど・・・苦笑)

 

コーディネイトイラストは
もうちょっとカッコよく描けないかと思いますが、
それはちょっとずつ良くしていきます(^^;)

 

キレイに描かないことが続くコツです。(笑)

自分がわかればいいのですから。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

結果、コーデ時間は短くなりました。
合わせる数が少ないのと、
合う合わないがメモで残っているので。(笑)

 

コンパクトなのは楽

Posted on 2016-02-21

IMG_5163
*早咲きの桜。ホントに早い。。

秋口から昨年末にかけて(正確には2015年かけて・笑)、
断捨離しました。

要は暮らしの中のモノを減らしたってことです。。

 

♦ トランクルーム解約

“契約”ではなく、“解約”しました。(笑)

数年前に引越しを検討した際に、
結局気に入った物件に出会えず、
でも部屋にモノが多いのはストレス、、、

でも捨てられない。。

ということで、
本やら着物やらバック(キャリーバック含む)、季節外の衣料などを
近所のキレイめなトランクルームに置いていました。

広い部屋に住むより固定費も安く済みましたし、
部屋も広く使えるのでそれはそれで当時の私のニーズではありましたが、
距離がある分、段々と行き来すること自体が面倒になってくるんですよね^^;

 

♦ 現状のサイズで暮らそう

クリーニング屋さんから
「お洋服いっぱいお持ちですね^^」と言われたりしたこともありましたが(汗)、
着実に手放し、暖冬も相まって今冬は服は買わずにいました!
(セーターをもらったりはしましたけど。)

どうにかしたいものほど、数値で捉えよう
自分が求めていたことを知るきっかけ

 

部屋中(台所・洗面系含め)の引出しの中まで整頓したので
動線を考えて置く位置もいろいろ変えたし、
やり切った感あります。(笑)

まあ、多くの道具が必要な趣味を持っていないので(食器も少ないし)、
服と靴が減れば結構スッキリするという。。。

 

♦ コンパクトなのは楽

モノを減らした分、生活にかかる労力も減ったので
おかげで1月はやりたいこと(囲碁・笑)に集中もできました。

減らせるものだなぁというのが正直な感想。
洋服だけでなく着物もありますから。。

と、私にはそんなに広い家を求めていないのもわかりました。
掃除も楽だし。(笑)

 

今までのクセで
季節の変わり目は新しく服も欲しくなるのですけど、
求めているのはそういうことではないので、
うまくやりたいです。(笑)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

2015年でやめたことでは、
壁掛けカレンダー、腕時計もするのをやめました。

ブログは再開。(笑)

 

自分が求めていたことを知るきっかけ

Posted on 2015-09-21

0921

 

ここ数年、洋服や靴・バック小物類の厳選を始めています。

いわゆる断捨離ですが、
装いに関しての自分の方向性を確かめながらなので
試行錯誤は続いています。(笑)

 

♦ 捨てるに忍びないアイテム達

自分でいうのもなんですが、
持っているものは物自体が可愛かったり
デザインが良かったりするんですよね…(^_^;)
そんなにお高いアイテムでなくても。(笑)

服自体はまだまだかわいくて私がもう着ないものなら
20代のかわいい従姉妹にもらってもらいます。
(それらは喜んでもらえているはず。。。)

それでも、全てがそういうわけにはいきません。

 

♦ まずはヤフオク

ものを売ってみよう!
商売の基本だよね!

と、思い立ち(思いつき?笑)
ヤフオクコンサルを申し込み
IDの取得や出品方法(注意点・文面含め)を懇切丁寧に教えてもいました。

結果は、、、売れませんでした。(苦笑)

 

考えてみたところ、
服飾ものはガジェットものとは違い
スペックで競売する競争力を持ちません。

魅力的で価格も手頃な通販サイトがあまたに存在する中で
余程のレアアイテムでなければヤフオクで買う理由がないのです。

買う理由を持ってもらうために
それなりに注力しないと無理な世界なのが垣間見えた、
さらにやってみたら興味が湧くかと淡い期待もあったけど、
さっぱり興味が湧かない、というより
自分自身がヤフオクでものを買いたいと思わないというここじゃない感、、、

撤退!(笑)

8月にID取得して8月中に解約です(^_^;)
(ヤフオクコンサル自体に問題はなかったですよ、念のため)

 

簡単にうまくいく世界はありません。(笑)
どこであろうとガチな人には負けるのです。

そういった意味で勉強になりました。

 

♦ 捨てずに売れればラッキーなだけだった

頑張ってでも売りたいわけではなく、
私にとって必要のないものを捨てずに済んで、
多少のお金になればよりベターと思っているだけだとわかりました。

売る練習にはなるかもしれませんが、
私の場合ならそこは本業でやった方がいいですし。。

 

それなら中古買取りでいいじゃないかとZOZOTOWNを申し込み中。

まだ段ボールが届いただけなので、この連休中にまとめるつもり。

いくらになるかよりも、ものを減らすのが優先なんですけど、
それでもいくらかになれば嬉しいのが正直なところ。(笑)

連休にふさわしい片付けをしています。(笑)

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

昨日は祖母に会いに行きました。
そこで母が15万円の羽毛布団を買ったと聞き、
寝に帰りたくなっています。(笑)

 

どうにかしたいものほど、数値で捉えよう

Posted on 2015-07-13

非常に個人的な話ですが、
お恥ずかしながら、過日クリーニング屋さんから
「お洋服いっぱいお持ちですね^^」と言われてしまいました。。。。

最近減らし始めていたのですが、
人からも言われちゃあ、、、、、、しかもクリーニング屋さんって…orz

もっと減らそうと思うきっかけとなっています。。。

 

で、週末に初めて数を数えてみたのです。
服の。(笑)

数値で捉えるって大事!との認識を改めて持ちました。

ここもなんとなくの感覚で見ていたのですが、
数を数えたことで“いっぱい”あるのがよぉく理解できましたので、
夏服は減りました、いえ、減らしました。(笑)

次にくる季節、秋冬もこの調子で厳選していきます!!

 

↓個人的にはドンピシャでした。
着用回数によるコストパフォーマンスの考え方とかが。(笑)

↓タイトルは“服”だけど、服はあまり関係ない内容。

全体を網羅する片付け本、断捨離系やとくめく片付けのは読んでないです。
知りたかったのは服への割り切り方だったので。

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

何度か経験していますが、
ブログを書かなくなると日を追うごとに更新が重くなりますね(^^;)