am blog am blog am blog

デザイン

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

Posted on 2018-03-21

 

春分の日なのに雪の降る寒さの中、
六本木・森美術館での会期が迫っている

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

に行ってきました。

 

■ アートが観たい!!

先週に伺ったパーティー会場のインスタレーションを観て、
現代アートが猛烈に観たくなり、
ちょうどレアンドロ・エルリッヒ展がやっていたので
今日観覧してきました。

春分の日で祝日だけど雪降ってるし空いてんだろうと思ったら
昼過ぎに到着時点で30分待ちでした。。。。迂闊。。。
(待ち時間はKindle読書タイムです。)

人気を侮ってごめんなさい。。

 

■ 面白い体験ができるアート

レアンドロ・エルリッヒの作品は
人の認知や知覚を錯覚させるものが多く、
これは何を表現している云々と難しく考える前に
ハッとさせられます。

エッシャーの不思議絵を
リアルに体感できるかのようです。


エッシャー『滝 Waterfall.1961』

 

休日(春休み?)だからか
小学生くらいの子どもから、
親御さんが赤ちゃん・幼児と一緒にいらしている方も多く、

後ろからお子さんが
「乗りたいー!」と叫んでいる声が聞こえてきたり。(笑)

 

■ 作品模型も何気に面白い

会場の最後の方に作品模型がありますが
屋外作品の模型で、
これもエルリッヒの作品を
巨人の視点で見ているカンジになり
何気に面白かったです。

 

金沢の21世紀美術館に恒久展示作品の
レアンドロ・エルリッヒの作品があります。

スイミング・プール

21世紀美術館へはまだ行ったことありませんが…(^_^;)

 

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
2017.11.18(土)~ 2018.4.1(日) 会期中無休
森美術館

誕120年 ミラクル エッシャー展
2018.6.6(水)~2018.7.29(日) 会期中無休
上野の森美術館

 

 

今日も読んでくれてありがとうございます。

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

春分の日だからと、雪の降る寒さなのに
春っぽい格好をしたくなる自分の心理はどうしたもんかと。。(^_^;)

RSS Feed  Tags:
Posted in デザイン | No Comments »

 

Amazonプライム・ビデオデビュー!環境が変われば俄然観る。

Posted on 2018-03-04

 

こんにちは、水沢あゆみです。

ITスキルは高くはないですが、
それでもITの恩恵にあずかると導入の数も多くない分、
その便利さゆえに生活が一変します。

 

◆ Amazonのプライム・ビデオデビュー!

2015年に家計簿アプリ(マネーフォワード)とデビットカードデビューの時も
後戻りできない便利さを享受しました。

一度味わうと後戻りできない便利さ/マネーフォワード&デビットカード

2016年、2017年はライフハック系アプリを試したり使ったりしながら
デビットカードほどのインパクトはなく、
またガジェット系そんなに興味ないので仕組みはそんなに変わらず。
(会社は作ったけど。)

が、2018年は年始から大きく変わりました。

Amazonのプライム・ビデオに手を出したからです。(笑)

 

◆ きっかけは人からのオススメ

そんなに動画は観る方ではなかったので
Amazonプライム会員でも映像コンテンツは一切観てなかったのですが、
年末に一緒に飲んだ同世代のデザイナーの方から
Netflixオリジナルのドキュメンタリー『アート・オブ・デザイン』をオススメされ、
それを観るために年末年始に家でTVで観られるようにしました。

 

 

プライム・ビデオとNetflixの両方が鑑賞可能となった今、
民放TV番組は見なくとも映像作品をめっちゃ観るように!

クオリティの高い映像作品はとても勉強になります。

YouTubeと同じで
シリーズ物でも終わればすぐに続きが始まるので止まらない。(苦笑)

———-

【Netflix】

■アート・オブ・デザイン
  ↓
■シェフのテーブル

デザイナー、シェフの思想や仕事への真摯さを
映像美とともに伝えてくれます。
眺めているだけでセンスよくなりそう。

———-

【プライム・ビデオ】

■猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) 2017年
  ↓
■猿の惑星(シリーズ第1作目) 1968年
  ↓
■PLANET OF THE APES/猿の惑星(ティム・バートン監督) 2001年

最新映像技術を駆使された直近の『猿の惑星』を観て、
SF映画の金字塔と呼ばれるシリーズ第1作目を観てからの、
ティム・バートン監督のを見比べ。

年代による技術の差はもちろん、
1968年版と比べると価値観の大きな違いも見受けられます。
1作目は宇宙船内で船員がたばこ吸ってました。
今じゃ絶対にありえない。(笑)

————

【プライム・ビデオ】

■ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
(ハリー・ポッターシリーズの新作)
  ↓
■エクス・マキナ
(AIが人間と同じ知能を持ったかのテストを始める…的なストーリー)
  ↓
■リリーのすべて
(世界初の性別適合手術〈男→女〉を受けた人物・リリー・エルベを題材にした映画)

『ファンタスティック・ビースト』の主演エディ・レッドメインと
『エクス・マキナ』でAIを演じたアリシア・ヴィキャンデルが
共演している『リリーのすべて』を観て俳優ってスゴイと素直に思えます。

————

DVD借りて観るのが面倒だっただけで
環境が整えば映像もガッツリ観るもんです。(笑)

 

◆ 観る作品は全てが糧になる

映像作品は口コミなどは調べずに、
タイトルとアイコン画像で観るか観ないか決めますが、
この1週間どハマりしたドラマシリーズがあります。

Game of Thrones(ゲーム・オブ・スローンズ)
※ジョージ・R・R・マーティン著のファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』を原作としたHBOのテレビドラマシリーズ

最初はファンタジー(しかもR15のダークファンタジー)だと知らずに観て、
てっきり映画『ブーリン家の姉妹』『エリザベス』のような
中世ヨーロッパの王位に関わる策謀モノだと思ったら(最初は歴史物だと思ってた)、
ドラゴンが登場したりして、「ん?ドラゴン??」と。

*詳しいストーリーはグーグル先生に聞いてください〜。ここでは割愛。

 

オープニングのクオリティからして高く、製作費を相当かけていそうと思ったら
シーズン6以降は1話につき1000万ドル(11億円?!)かけているようで
やっぱり金かけないとここまでのクオリティはムリだよねーと。

海外ドラマで大ヒットしている作品だったのですが、
そういった前情報一切ナシで観たのがむしろ良く、面白さを味わえました。(笑)

1週間コレに集中。(苦笑)

2日間ほどは朝まで鑑賞したり。。(当然早起きは不能)

しかも完結していない!(知ってたら観なかったよ….)

 

あの世界観を表現するために
どれぼどの考えを巡らせたのかと思うと製作者スゴい。
(お金集めたというか。。)

 

とても勉強になった1週間でした。

(失われた1週間ではない、決して。笑)

 

 

今日も読んでくれてありがとうございます。

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

脳内ではまだオープニング曲が流れています。。

 

センスはいつも何を見ているかで決まるのなら、電車の車内広告はいかがなものだろう

Posted on 2017-06-12

 

こんにちは、水沢あゆみです。

梅雨入りしたとは思えないくらい
週末もいい天気が続きました。@東京

 

当たり前にあるけれども、
だからこそよろしくない方向へ
流れている気がしているものがあります。

 

それは

「電車内の広告」。

 

ビジネスにおいて広告の重要性は
わたしもデザイナーの端くれとして
充分に理解しているつもりです。

しかし企業の宣伝をしているだけとはいえ、
あの雑多感と、
ビジュアル的に美しくはないものが
少なくなくありません。

サブリミナル効果のように
無意識にダサいデザインを見続けることで
電車を利用する多くの日本人の美的センス、美意識を
毀損しているんではなかろうかとの疑念があります。

表現はこんなもんでいい、
これが標準なのだと
と無意識に刷り込む怖さ。

 

せっかく見せるなら
お金儲けの宣伝だけを優先させるのではなく
(それがとても大事なのはわかってますけれども)、

日本伝統系の絵画、
伊藤若冲や写楽、歌川国芳とかの
プリントして貼り付けた方が
マシなのではないかと。。。

 

ダサいものをダサいとわからずに
それが基準・普通になっている中で、
ビジネスでデザインが重要だなんて、
本当に思えるのだろうか、といつも疑問です。

 

例えは適切ではありませんが、
アスベストのようにゆっくり蝕んでいくような環境は
なんとかできないものかと思ってます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

昨日、お仲間達8名が
長崎五島でおこなわれている
トライアスロンの「バラモンキング」のレースに出走。

自宅でゆっくりしている日曜の夜なのに
レース結果にそわそわというか興奮してしまい、
珍しく眠れなくなって困りました。(笑)

【 昨日の1日1新 】
映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』

※詳しくは→「1日1新

 

一番難しいのは「自分が見たいものを作る」こと

Posted on 2017-05-16

 

こんにちは、水沢あゆみです。

GW中くらいまでお天気よかったけど
雨・曇りが続くと動きが鈍くなります。
(特に気分・笑)

 

会社なら事業の目的、
個人でも大きく括れば
「人生の目標」などいろいろありますが、

デザイナーなら、
『自分の世界観の実現』が
最終目標であることが多いと思っています。

カタい言葉で書きましたけど、
つまりは「自分が見たいものを作る」です。

 

だからといって
ただ単に好き勝手に作りたいだけなら
一人こもって誰にも見せずに
作っていればいいところですけど、

デザイナーが
社会や他の人がどう感じるのかを忘れては
職業として成り立ちません。

でも、
見たい世界のないデザイナーは
デザイナーになれるのかすら疑問。(笑)

そういう方は違うお仕事を選ばれそうです。

 

ちなみに
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
「自分が見たいものを作る」のが、
一番難しいです。(笑)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

昨日は打合せ2件。
制作一覧を作り(自社用)、効率化を検証。

新しいことを始めるには
今やっていることの時間コストを下げないと…(^_^;)

【 昨日の1日1新 】
こだわりのはらドーナツ

※詳しくは→「1日1新

 

ビジュアルは強烈な旗印となる例

Posted on 2017-02-28

この図は、TRAPPIST-1システムで新たに発見された惑星の1つであるTRAPPIST-1fの表面を示しています。
Image Credit: NASA/JPL-Caltech

 

先日ニュース
NASAが地球から約39光年離れたところに
地球に似た惑星があることが発表されました。

 

■ NASAの宇宙イメージ図のクオリティ

ネタにしたいのはニュース内容ではなく。(笑)

NASAがこういった当然誰も見たことのない世界を
イメージ図として発表する時の
ビジュアルのカッコよさというか美しさに
いつも感心させられます。
(普通?の宇宙フォトも美しいですけど。)

理屈ナシで
プロジェクトが価値のあることだと思わせるよう
ビジュアルの力を存分に発揮させているからです。

誰も見たことがない世界のはずなのに
「百聞は一見に如かず」で
その先の世界を見ている気分にさせてくれます。

 

■ 言葉の難しさ

情報や経験の共有など
行動や結果の再現性を持たせるために
言葉は強力な武器になります。

しかし、言葉はよく知らなくても
紡ぐことができるところがあります。

たとえば、
「宇宙」を本当には知らなくても
「宇宙」を思うことができるように。

(もちろんそれがメリットでもありますが。)

 

また形容詞や抽象度の高い言葉では
背景や概念、感じている範囲が
人ぞれぞれ違います。

日本語ネイティブの日本人同士ですら
同じ日本語を話しているとは思えないくらいの
ギャップを感じたことが
多くの方にあると思います。

概念は見えないからこそ
イメージの共有に
それこそ言葉を尽くさないといけません。

 

■ ビジュアルは強烈な旗印となる

NASAは宇宙がカッコいいもの、
巨額を投じる価値のあるものであると
思わせる1つの手段として
あのビジュアルのクオリティで見せていると
個人的に考えいます。

(あくまで個人的見解です。どこもそう言ってません。)

それこそマーケティングがちゃんとしているな、と
妙な上から目線になってます。(笑)

 

また、ビジュアルは“見える”ことで
目指す先への強烈な旗印となります。

今はまだないはずのものを
もう“見えるもの”としてリアルに存在させるからです。

NASAの地球に似ている惑星のイメージ図を見て
誰も行ったことのないその世界を
ハイクオリティのもので見るのは
無意識に訴えるからこそ侮れないと思うのでした。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

昨晩、読書会前に軽く食べていこうと
会場へ向かう途中にあった
高そうだけど一番最初に見かけたカフェに。

どうも店員さんの態度が
お高く止まった印象を受けたんですが
レシートを見て
マンダリンオリエンタル東京のカフェと判明。
(知らずに入りました。笑)

初めての店だから勝手がわからないのは仕方ないし、
店も空いていたんだから(私の他に1名しかいない状態)、
もうちょっと丁寧に接して欲しかったなぁ…と(^_^;)

【 昨日の1日1新 】
『グルメショップ BY マンダリン オリエンタル 東京』のサンドイッチ
ショーバ中国語センターの会議室

※詳しくは→「1日1新

 

自らが決めていくもの

Posted on 2017-02-27

 

長らく、
「デザインとは何か?」を問うてきました。

 

■ 答えを知りたいワケじゃないけれど

唯一の正しい答えを探していたワケでもありませんが、
多くの人が「そうだよね」と、なんとなく感じられる
ゆるやかな定義みたいなのがあるんじゃないかと思っていました。

確かに思考の経路、ものの考え方は
古典的名著とも呼び名も高い
『アイデアのつくり方』という本があるように
原理原則みたいなのはありました。

でも、それらを
わかりたかったのではないのです。

 

■ 時代とともに変わる概念

デザインという概念は
元々明治時代に欧米からの輸入です。

アジアの一国である日本が
どこまでその概念を消化し体得できるのかは
実はまだまだ未知数だと考えています。

(個人や個別の企業では深く広く取り込んでいたとしても
国全体でみたらまだまだ心もとない状態かと・・・
例:2020年東京五輪の一連のデザイン騒動)

また、デザインそのものが
時代とともに変わっていくように感じ、
さらに混乱したりしました。

 

■ 自分が決めていく定義

ふと、もう問うのではなく、
「これが私のデザインだ!」と主張すればいいだけだと
気づきました。

わたし自身で定義していいんだと。

気づいてみれば今まで
なんでそう思わなかったのか不思議なくらい。(笑)

『デザイン』の意味することが大きすぎて
あまりに全体がわからないから
ちゃんとわかるまで決めつけちゃダメだと
思っていたのかも。。。

変な方向へ向かった完璧主義??(苦笑)

 

現状は描くイメージからまだまだだけれど、
やっと「やれそうだ」と自分に思えましたよ。(笑)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

 

*** 今日の雑談 ***

生活回りの効率化を
ちょこちょこ図り中。

で、ルンバが欲しい〜!(笑)

【 昨日の1日1新 】
とある行動のスピードアップ計画→お試し実行

※詳しくは→「1日1新

 

デザインで思うのは『作った後のこと』

Posted on 2017-02-07

 

デザインと言う仕事を長らく続けてきて
改めて思うことがあります。

仕事には納期がありますが、
依頼されたクライアントさんにとっては、
そこで完成でも終わりでもなく、
仕事内容によりけりとは言え、
むしろ出来てからが本番になることの方が
多いのではないでしょうか。

 

商品プロダクトやパッケージデザイン、
広告系のビジュアル制作やロゴにwebデザイン、
身近な名刺でも、

作ってからどんな活動を続けたいのか、
あるいは続けられるのかで
そのデザインのあり方や価値が変わります。

 

つまり、「作って終わり」のものでは
全くないということ。

デザインの仕事の上では
手が離れる時が来ますけれども、

出来上がった後のことを
考えるデザイナーでありたいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

まだ昨日からですけど、
朝にお抹茶を一服いただくようにしました。

そしたら思いの外
朝の一服というのはおいしいくて
必ず毎日飲みたい。(笑)

朝はコーヒーではなく抹茶派になりました。(笑)

【 昨日の1日1新 】
自宅で抹茶

※詳しくは→「1日1新

 

デザインも、目的がないと作れない

Posted on 2017-01-25

 

HPデザイン制作の話を知人デザイナーとしていた際に、
当然デザインだけの話に収まりません。

ブランディングやマーケティングにもかかりつつ
結局「その目的は何か?」が明確でないと
HPだってデザインができないという
デザイナーにとっては至極当たり前の結論に至りました。

 

■ 『design』の意味

『design』を『図案』と訳されて以来、
色・形・柄を指す言葉だと長らく誤解されてきましたが、
最近ではWikipedia辞書を確認すると
《意匠、図案》だけでなく《設計、計画,目的,意図》などの
言葉が並ぶようになりました。

ライフデザインやキャリアデザインという言葉からも
色・形・柄だけを指しているのではないのは
おわかりいただけると思います。

 

■ デザインにも原理原則はある

デザインの原則はどのジャンルも同様ですので、
HPもどんな目的で作るのか、
誰に向けて作るのかを仮説でも定めてから
UI/UXのデザインを検討するでしょう。

考えもナシに作るなど
的がどこにあるのか見ずに
思い込みで矢を放つようなもの。

勘のいい人(もしくは名人)なら、
的があるのかなんとなくわかるかもしれませんが、
数を打つにも違った方向へ放しっぱなしでは
遠からず矢が尽きてしまいます。

 

■ デザインも目的がないと迷走する

プロダクトやグラフィックも
プロトタイプやラフ案を作るのは目的に向かうもの、
つまり問題を解決するものになっているかどうかを
検討するためです。

やってみてわかることもあるので、
わかるまで作らないということでは
もちろんありません。

ただ、「目的は何か?」を問わずに始めるのは
それこそ労多くして功少なし状態になるので、
自戒を込めてのエントリーでした。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

空気が乾燥すると咽喉だけでなく
鼻粘膜も乾き鼻血が出て痛いです・・・・
鼻粘膜のあかぎれ?
(鼻血と言っても血が混じる程度ですけど^_^;)

冬にマスクは必須ですね・・・

【 昨日の1日1新 】
ナシ(むぅ、悔しい・・・)

※詳しくは→「1日1新

 

理屈ではなく感覚を思い起こす、言葉以外のものを持つ

Posted on 2017-01-21

デザインという仕事を
自問する時に思い出す映像があります。

『Powers of Ten』という1968年に作られた映像。

(YUKIのベストアルバム『POWERS OF TEN』ではないです。笑)

これを作ったのは家具デザインで有名
イームズ夫妻(チャールズ&レイ イームズ)。

 

Powers of Ten 』 *日本語字幕/9分弱

(Wikipediaを読み、資金協力がIBMとは初めて知りました)

 

広げたときの広さと
狭めたときの深さの持つ感覚にも通じていて、

また、これを映像作家ではないデザイナーが作ったことも
象徴していると考えています。

 

そういう、理屈ではなく感覚を思い起こすネタを
音楽や映画、絵やイラスト、写真でもいいですし、
言語以外でも持っていると感覚的になれていいですよね。

言葉以外のツールを持つことも、
たまには意識していきましょう。

 

 

短めですがこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

 

*** 今日の雑談 ***

昨日、都心では雪はちらつく程度で
ちょっとガッカリな気分を味わってます(^_^;)
交通機関が乱れなく良かったんですけどね。(苦笑)

【 昨日の1日1新 】
品川アトレのブルーボトルコーヒーでカフェオレ
キッチンに食材用かごを設置

※詳しくは→「1日1新

 

デザイナー側と経営者側、双方の意識を変えていかないと

Posted on 2017-01-15

現在の日本経済では、デザインが大事だ大切だと謳われ、
経営とデザインを融合しようという気運があるのは感じています。

ですが、多くの現場でデザイナー達が感じるのは、
客受けするように色や形などを工夫してくれる装飾オペレーターと
誤解されている、ということです。

 

もともと「デザイン」という言葉の、
「アイデンティティ」などの語のように
そのものズバリの日本語がなく、

訳す際に「図案」とされ、「図案」という意味が
「製品の意匠や文様などの絵や柄」を指していたことが
現在の誤解の源流だと個人的には思っています。

(諸悪の根源とまでは言いませんけど・・・、けど、思ってます~_~;)

「案を図る」と言う意味なら、まだ良かったのですが・・・。

 

■ オペレーターとデザイナーの違い

おさらいです。(笑)

オペレーターとデザイナーの違いを
デザイナーはわかっているけれど、
非デザイナーから見れば
同じように思われているかもしれない、
と、思いました。

なぜなら職域の違いなどは
接触する機会がなければ
わからないものではないでしょうか。

 

わたしがわかっていない例をあげるなら、
SEとプログラマーの違いがわかりません。。。
介護士とヘルパーとか。

実は税理士と会計士とか。。。。。
(勉強不足を指摘されたら謝るしかないです。汗)

 

改めて、

オペレーター
作業内容などの指示を受けてその通りに操作を実行する人、といったニュアンスを含むことが多い。
IT用語辞典e-Wordsより引用》

デザイナー:
世の中に役に立つイノベーションを創造的に計画できる人。

ジャンルはいろいろありますし、
「デザインは問題解決」とも言われてますが、
もう一歩、前のめりに掲げます。

(えっと、、、頑張ります!!!大汗)

 

現在のようにオペレーターと混同されるようになったのは
コンピューター技術の発展によることが大きいです。

25年ほど前は線1本引くのにも職人技が必要でしたから。

 

■ デザイナー達は装飾オペレーターから脱却できるか

自戒を込めてですが、
デザイナー自身も経営戦略への勉強不足があり、
経営者に応えられるデザイナーが少ないのも問題のひとつです。

一昔前は装飾デザインだけでも十分機能し、
食べていけたんですよね。

 

また、経営側もデザインが大事と考えつつも、
どこから関わらせるものなのかよくわからないから、
最終段階の色・形ででしか調整できない部分での
発注になりがちです。

この辺は、どうもったいないのかを
もっと書いていきたいと思います。

 

■ デザインで負けて生き残れる?

今までの時代と同じで構わないのなら、
デザインは必要としないでしょう。

でも、そうではないはずです。

 

デザインは戦略から関わらせてこそ
クライアントやユーザーへ意図した新しく正しい関係を
作り出すことができると考えています。

今ビジネスで求めているデザインは、
そういう部分にあると思いますし、

世界を見渡してみて、
カッコいいとかそういうレベルの話ではなく
デザインとの関わり方で負ければ、
結果、生き残れないのではないでしょうか。

日本のデザインは今、
そういう段階に来ているんだと考えています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

寒いですねー
東京は真冬らしいすごくいい天気です。

【 昨日の1日1新 】
部屋のライト位置の変更

※詳しくは→「1日1新