am blog am blog am blog

2018-03

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

Posted on 2018-03-21

 

春分の日なのに雪の降る寒さの中、
六本木・森美術館での会期が迫っている

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

に行ってきました。

 

■ アートが観たい!!

先週に伺ったパーティー会場のインスタレーションを観て、
現代アートが猛烈に観たくなり、
ちょうどレアンドロ・エルリッヒ展がやっていたので
今日観覧してきました。

春分の日で祝日だけど雪降ってるし空いてんだろうと思ったら
昼過ぎに到着時点で30分待ちでした。。。。迂闊。。。
(待ち時間はKindle読書タイムです。)

人気を侮ってごめんなさい。。

 

■ 面白い体験ができるアート

レアンドロ・エルリッヒの作品は
人の認知や知覚を錯覚させるものが多く、
これは何を表現している云々と難しく考える前に
ハッとさせられます。

エッシャーの不思議絵を
リアルに体感できるかのようです。


エッシャー『滝 Waterfall.1961』

 

休日(春休み?)だからか
小学生くらいの子どもから、
親御さんが赤ちゃん・幼児と一緒にいらしている方も多く、

後ろからお子さんが
「乗りたいー!」と叫んでいる声が聞こえてきたり。(笑)

 

■ 作品模型も何気に面白い

会場の最後の方に作品模型がありますが
屋外作品の模型で、
これもエルリッヒの作品を
巨人の視点で見ているカンジになり
何気に面白かったです。

 

金沢の21世紀美術館に恒久展示作品の
レアンドロ・エルリッヒの作品があります。

スイミング・プール

21世紀美術館へはまだ行ったことありませんが…(^_^;)

 

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
2017.11.18(土)~ 2018.4.1(日) 会期中無休
森美術館

誕120年 ミラクル エッシャー展
2018.6.6(水)~2018.7.29(日) 会期中無休
上野の森美術館

 

 

今日も読んでくれてありがとうございます。

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

春分の日だからと、雪の降る寒さなのに
春っぽい格好をしたくなる自分の心理はどうしたもんかと。。(^_^;)

RSS Feed  Tags:
Posted in デザイン | No Comments »

 

問題は技術じゃない問題

Posted on 2018-03-20

 

ブログに使用している植物写真はiPhoneで撮ってます。
(主に朝のウォーキング中に道すがらに。)

で、ブログに使用するあたり、
去年はmacにつなげて写真を読み込んでいたのに
今はAirDropですぐ共有でき、
その便利さに震えてます。。。
(去年もできたのかどうかは知らない。。)

新しいってスゴい、ってこういう時に思います。

 

wifiじゃない環境には戻れないし(無線って意味で)、
充電すらワイヤレスを体験したら
そっちの方がいいって思うし、
一度カンタンさを体感してしまうと戻れません。

 

個人的に細かいところでは
化粧品で中身が二層式の場合、
使う前に中をよく混ぜるために振らなければなりませんが、
その一手間はキライです。(^_^;)

 

イヤフォンもワイヤレスに慣れたらケーブル面倒って思うし、
技術のことはよくわからないけど、
デジタルでより人の手間を省くことはかなりのことで
できるようになっているんではなかろうかと。

 

ですので、

企業・役所の金にまつわる書類の多さを
何よりなんとかしてほしいです。

(問題は技術じゃないところがね。。。)

 

 

今日も読んでくれてありがとうございます。

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

今だから書きますけど(笑)、

昨年会社を立ち上げた際、
某大手銀行での口座開設でweb経由で申し込めば
窓口の申請の手間が省けるということで事前入力したのに、

予約して窓口行って
再度同じ内容を紙にペンで書かせられたのですよっ!

書かせるならwebでムダに入力させるなー!
2度手間にムキーッ!!ヾ(。`Д´。)ノ彡

と、受付の人に思わず愚痴りました。。。
(おねえさんも同情してくれましたけど…^_^;)

 

スゴイからこそ「これが普通なんだ」と思うことにする

Posted on 2018-03-19

 

ちょっとしたメールのやり取りでも
その配慮の深さにいつも感心(感動というか・笑)させられる
友人がいます。

 

共通の友人達が同じように言うし、
厳しいけど面倒見がいいから
若手からも尊敬を集めています。

20代で会社を立ち上げ、
今は現場の中心は社員の方に任せつつ、
東日本大震災をきっかけに
沖縄と東京のデュアルライフを築き、

同い年でこの違いは一体。。。。(苦笑)

しかし、人への接し方が(も)さすがだと
いつも感じ入ってますけれども、
「これが普通なんだ」と思うようにしています。

スゴイで終わらせてしまうと自分と違う世界になってしまい、
どうしてそう感じたのか、どうしたら同じになるのか、と
考えなくなってしまうから。

スゴイと思うからこそ、
これを「普通」の基準としたいです。

 

オリンピック選手にスゴイ!というのはいいと思う。
あれは絶対同じにはなれない。(笑)

 

 

今日も読んでくれてありがとうございます。

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

昨日、加湿器の水垢(白く石みたく固まるヤツ)を
クエン酸で除去してもなかなか取れないので
スプーンの後ろ方でガシガシ綺麗にしたくて落としたら、
案の定、本日右腕がイタいです。。。
(仕事しずらかった…~_~;)

 

「わかる」は自分で気づくしかない感覚

Posted on 2018-03-18

 

日記といいますか、
自分が何をどれだけやっているのかを後から見られるように
ノートに長らくタイム・レコーディングしてきました。

で、記録をとり続けたからこそ
なんとなくいつまでも解消できない問題、
記録から問題の分析をするのが苦手、という
逃げられない問題を解決できずにいました。

 

■ 何がわからないのかわからないのが一番困ったこと

自分事という1点の理由だけで
続けてこれたと言ってもいいくらい、
書いてもイマイチ書くことの効能を
活かし切れてないのを自覚してました。

記録から読み解くのが苦手、、ってカンジです。(汗)

 

後から何を読み解きたいのかを
ちゃんとわかってないから、
書くポイントがズレてしまっていたと
今のところ考えていますが、

押さえどころが自分でわからないから
他の案件が増えると書くことを負担に感じ、
嫌気がさしたりしてました。(そりゃそうだ)

なのでタイムログアプリも使っても
その良さを活かし切れてない状態。。。

 

本を読んだりセミナーに行っても、
ポイントを自分で理解し、できるようになるには
実践し試行錯誤していくしかありません。

 

■ 自分は自分の何を知りたいのか

書くこと自体は好きなので
余裕があれば楽しく書いてましたけど(笑)、
求めていることはソレじゃないとの自覚はありました。

やっていることを正当化したくて
ちょっと自分を誤摩化していたのは否定しません…(^_^;)

 

でもやっと「これでいけるかも!」という端緒を
最近自分なりに感じています。
(違ったらまた検証するだけですけどね…)

 

できている人からしたらスゴく当たり前の(たぶん)、
“理想と現実のギャップを測る”ことです。

それを自分で理解でき、
自分で次に活かせる測り方で。
(私はパッと見て全体がわからないとできないから
数字の羅列はやらないです…)

 

■ 恐いのは「わかった」気になること

「わかる」って、
たとえ他者からの教えや
言葉がきっかけになったとしても、
自分で気づくしかない感覚です。

だから、わかるまで自分でやるしかありません。
そこに他者はいないです。

 

いくら自戒を込めてもやらかしてしまうのが
「わかった」気になること。。。

自分でわからない時やできない時ほど、
提示された外からの刺激に
それが答えかも!とパッと掴みたくなります。

「わからない」のはつまったカンジで成長感がなく、
スッキリしないというか、苦しいから。

 

だからこそ、いいかも!と思った時こそ
一呼吸おいて反応的にならないよう、

できたと思った自分の記録のとり方に
浮かれないようにします。(`・ω・´)キリッ

 

 

今日も読んでくれてありがとうございます。

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

先月(2月)から水曜日と土曜日は“筋トレの日!”と決めて、
最初は筋トレが面倒で仕方なかったけれど、最近慣れてきました。

筋肉痛もツラいじゃなくて、
「自分ちゃんと頑張った!」とやっと思えるように。

なので今日は筋肉痛で体はダルいですが、
そんな自分をこっそり褒めてます。(笑)

 

毎日、毎回選んでいたことを1つに絞ってみると、確かに自由が増した

Posted on 2018-03-17

 

私服の制服化は「今日何着よう♪」という
その日のワクワクする楽しみがなくなるからやってませんが
(コーディネイトに頑張りたくはないけど楽しみたいんです^_^;)、
平日ランチのお店は決めています。

 

■ ランチは好きなのを選んでたけど

会社にいる時はランチを食べに外に行ってます。

昨年渋谷方面へ引っ越したんですが、
最初の頃はランチのお店を探すのが面倒で(笑)、
おにぎり屋かパン屋で買い、会社で食べてました。

おにぎりは量的には問題ないのですが、
栄養面で炭水化物と塩分が過多で
タンパク質やビタミン類の不足が心配に。。

パンも食べればお腹いっぱいになりますが
腹持ちは悪く、栄養面ではおにぎりと似たり寄ったり。

「好き」だけど、適当に食べていたカンジです。(汗)

 

また、おにぎりとパンは下記事象に全く関係ありませんが
昨秋に私のボスが脳卒中で倒れ
(脳内出血の方、軽度、無事生きてます・汗)、

やはり間接的に体のことを考えるきっかけとなり、
たまにならいいけど、毎日食べるなら栄養に配慮したものを、
という動機になりました。

 

■ 毎日ちゃんとしたランチを選ぼうとしたけど…

初めは、「今日のランチ何しよう〜」と
いつも気分で良さげなところを選んでいました。

まあ、最初はお店がわからないから
試すしかないのでいいんですが、
一通り把握してからも
ランチのお店を毎日選んでました。

「どこにしよう?」と。

 

ふと、「これ面倒だ」と気づきましたよ。

服の制服化と同じで
店を決めちゃえばラクじゃん!と。

栄養面や腹持ちを考慮し、
おいしくてメインに肉もしくは魚が、
サラダもちゃんとついてて、
さらに会社から近く(信号渡らなくていい)、
30分で戻ってこられるところに決めました。

その上でメニューが数種類あれば
毎日行ってもお店に飽きることはありません。

選んだ店は繁盛店で回転もいいから
サラダがいつもフレッシュなのもいい。

 

■ 確かに決めるとラク!

選んだ店は、ランチをゆっくり食べたい人には
飲み物がついてないので物足りないかもしれませんが、
サクッと仕事に戻りたいこちらとしては(会社で飲めばいいし)
すごくラクに!

こりゃあ私服の制服化するわ。(笑)

楽しみやこだわりのないことなら
決めといた方が全然早いしラクですもん。

ランチから疑似体験しましたよ。

 

夜ご飯も帰り道にある大戸屋をみつけ、
何もなければ大戸屋で食べて帰ると決めました。

頑張って自炊していた頃もありましたけど、
平日は手放すことに。

 

以前六本木にいた頃から
昼夜含めて一通りいろんな店を体験したから
もう十分かなっていうのもあります。(笑)

 

毎日、毎回十分に選んでいたことを
これだけと1つに絞ってみると確かに自由度が増しました。

他に意識を向けられるのを実感できるから、
1週間でもまずはお試しでやってみるのをおススメします〜

 

*シャルキュトリー中心のカジュアルフレンチ
BOUCHERIE AmiaBras (ブシュリー・アミアブラ)

すっかりランチの常連に。(笑)

 

今日も読んでくれてありがとうございます。

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

ランチがおいしいから夜も行ってみようと
ランチに行かなかった日に夜に行ってみたら、
数人の店員さんから「昼も夜もありがとうございます!」と挨拶されました。
こちらこそありがとうございます。(照)

さすが繁盛店、ちゃんと見ててそれを伝えてくれるみたいです。

RSS Feed  Tags:
Posted in 思うこと | No Comments »

 

自らの「恐れ」を知らないと、それが一番強烈なブレーキとなる

Posted on 2018-03-16

 

今月6日にジェレミー・ハンター氏のセルフマネジメント体験セミナーに参加しました。

そのセミナーで一番印象に残ったのは
「自分が何を恐れているのか」という問いでした。

 

■ 「やらないことリスト」ではない

実は今まで振り返ってみて、
自分が何に「恐れ」ているかなんて
考えたことなかったです。(^_^;)

昔どっかで聞いたかもしれないですけど、
今の私に引っかかったワードです。

 

「やらない(やりたくない)こと」なら
つらつら書き出していましたが、
「恐れ」となると、ちょっと意味が違ってきます。

私の中では「やりたくないこと」は
イヤだと思っていてもやってしまえるから厄介で、
「やりたいこと」のために廃棄・削ぎ落とす対象です。

 

でも「恐れ」は、やった方がいいとわかっていても、
心や体が全然動いてくれないものです。

よく聞くのは、
「失敗が恐くてできない」でしょうか。

日本文化的でいうなら「恥をかきたくない」とか。

 

実は「やりたくないこと」は「やりたいこと」の対義語ではなく、
「やりたいこと」の対義語は「恐れ」なんじゃなかろうかと。

「やりたくないこと」は無意識でやってしまう
「やらなくていいこと」ってカンジです。

 

■ 「恐れ」にも階層があるっぽい

最初に浮かんだ私の「恐れ」は
結論から言うと、違いました。(笑)

3月6日のセルフマネジメント体験セミナーの2日後に
たまたまご縁がありまして、
お寺でのセッションに行ったんですね。

 

そこでも深掘りされたのが「恐れ」でした。

その深掘りの対話の際に私とペアになってくれたのが
その会場となったお寺のお坊さんで
(お坊さんってだけで有難く思ってしまう・笑)、
いいカンジに問いを深めていただき、

最初に「恐れている」と思っていたことは、
昔、尊敬する方から言われた言葉を
いつのまにか自分で勝手に囚われていただけで
ソレじゃないことに気づいたのです。

なんか、ずっと恐いと思っていたけど
正体がわかってもう恐くなくなったってカンジ。

表層で思考が止まっていたようです。

うーん、自分のアイデンティティの根幹に関わることなのに
長らく思い違いしていたことに自分で驚くという。。。

 

「恐れ」はその言葉通り、
深掘りするのはとても恐く感じるから
(お坊さんにツッコまれてビビりましたよ!)
特に難しいかもしれません。

 

■ 自らの「恐れ」を知らないと、それが一番強烈なブレーキとなる

毎日『A5ノートに1ページ分を書く』のを習慣にしてますが、
近頃のテーマは「恐れ」となってます。(今アツい。笑)

その中で、たぶんこれが私の「恐れ」だと
思うところに行き着きました。

基本、思ったことは
「間違っているかもしれない」と含みを持たせた上で
それを「解」として持っていくという姿勢でいます。
(「正解」じゃなくて「解」として。)

どうもよく動けなかった理由がやっと腑に落ちたという感覚で、
自分自身でより理解できたからこそ
わかるだけで気が軽くなります。

 

「恐れ」は情感を伴うからこそ、
達成したいことの手前や近くにあった場合、
それが一番強烈なブレーキとなって
本人の行動を制限してくるんじゃなかろうかと。

動きたい(アクセル踏んでいる)のに
なぜが動けない(強烈にブレーキを自分が踏んでいる)というジレンマは苦しいものです。

 

で、肝心の自分の「恐れ」を知る方法ですが、、、、

内観・内省ももちろんですが、

お坊さんに会いに行きますか。(笑)

 

 

 

今日も読んでくれてありがとうございます。

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

“ブログ”という私にとって大きい習慣を再開したので
時間テトリス(タスクをうまくはめ込むのをそう呼んでる)が窮屈に。。

とくかく夜になるまでに更新をと決めました。
でないと翌朝に響いて苦しいカンジに。。。(^_^;)

 

人生のゴールはわかりやすくなっていない

Posted on 2018-03-15

 

セルフマネジメントやマインドフルネス、瞑想など、
自分ができたのかできてないのかはとてもわかりづらいです。

端から見ても、マラソンみたいにわかりやすいゴールがないから
あなた今達成しましたよって言ってもらうこともできません。

 

■ お墨付きをもらいたい欲求

現代の性(さが)なのか、
日本の文化的なものなのか、
人間が持つもともとの性質なのかわかりませんが、

権威というか、自分が自分よりできると信じている人や
なにがしらのデッカイものに
それでいい、これはいい、と認めてもらうと安心できませんか?
(するよね?^_^;)

よく見るのは書籍などの帯で
○○氏推薦!みたいな販促コピーがわかりやすいでしょうか。

 

そもそも間違った方向で突っ走っても
大きく間違うだけなので、
先達から教えを乞うのは全然OKだと思ってます。
(むしろ大事。笑)

 

■ ゴールがあるのではなく、積み重ねの軌跡から

ただ、セルフマネジメントやマインドフルネスで
「今自分が何を感じ、何を選択しているのか」のスキルを学んでも、

資格認定試験とは違って
80点以上とったから達成できました!完了!!っていう話では一切なく、
またこのレベルになったら完成するのでも、
1度できたから「もうできる」というものでもないし、
先生から「よくできました」と褒めてもらうことでも、
クリアすべき正しい絶対な基準がある訳でもない。

日々常々、問い続けていく姿勢から
積み重ねの軌跡を見てとるだけです。

むしろ「そのままある」を引き受けて生きるのは
人生経験に関わらず「是修行也」な状態。。

 

主催者の方も
「いつも正しくできるわけでもなく、間違うこともある」(←意訳です)と
話してくれて、現在のビジネスシーンからは
真逆ともいえる考え方です。

 

■ 人生のゴールはわかりやすくなっていない

外からの達成すべき基準点ともいえる“ゴール”ではなく、
自ら決めたゴールはそもそもわかりやすくなってないです。

外からというのは誰かが決めてくれたゴールだから
見えやすくてわかりやすくて頼りたいです。(笑)

自分のゴールがよく見えている人も、もちろんいるでしょう。
でも、そう多くはないのではないかと思ってます。
(肌感覚でしかありませんが)

だから目標とか決めて見えやすくする必要があるし、
自分に問い続けていく姿勢も必要なんだと考えています。

 

まあ、最終のゴールと言っていいのかあれですけど、
いずれも死んだら終わりますね。。

来世はあったとしても別物語なので省きます。(`・ω・´)キリッ

 

 

今日も読んでくれてありがとうございます。

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

昨晩は友人Fさんの会社の設立パーティーへ。

会場であるお店のエントランスが
電車高架下なのを利用し
電車が通るたびにその音と振動(音だけで振動はないかな?)で
光が変わるというインスタレーションが面白かった!
高架下ならではで、シンプルだけど効果的。

現代アートを見に行きたくなりましたよ。

って調べたらホントにアート作品でした。凝ってるはずです。(笑)
http://www.pavilion-tokyo.com/art.php

 

ブログを書くことで一番意味がないのは 「何を書くか」で悩むこと

Posted on 2018-03-14

 

ブログを再開して10日を超えましたが、
「今日何書こう…」をすでに何回か数えてます。

 

■ みんなそうらしい。でも、、

一部のアルファブロガーを除けば
毎日更新していれば
「今日何書こう」とネタ切れするのは
他の人のブログを読むと“ブログあるある”みたいなので
ちょっと(ホントはかなり)安心してます。(笑)

だからといって気分がやわらいだとしても
やることは何一つ減ってないんですけどね。。

 

ふと、
ブログを書くことで一番意味がないのは
「何を書くか」で悩むことなのでないかと。

 

■ アイデアの価値と、かけた時間は比例しない

「何書こう」と決められない時の
あの悶える空白の時間。。

仕事でアイデアが出ない時と同じように
価値と時間は比例しないのを体感できる
貴重な時間です。(笑)

 

で、仕事だった場合は
どうしてたっけ?と。

ブログとアイデア出しは
前提条件が違うから全く同じじゃないけれど、
ただ、長く考えたからって
いいアイデアが浮かぶもんじゃないのは同じ。

 

で、デザインの仕事でいうと、
なんでもいいからとりあえず作るのはNG。

ブログでいえば、
とりあえず書き始めるのはダメなのです。

 

まず「何を」の部分の満点を100点とするなら、
1点でもいいから仮決めを持ってないと
後から決めようとしても結局時間がかかるから。

とりあえずゼロで始めることができるのは
その分野で熟練している人だけの特権。

個人ブログで何書こうかと悶々レベルのわたしでいうなら、
ゼロのまま始めるのは時間をムダにするだけです。
(今のわたしの現状として。)

 

■ 2:8の法則なら、作る時間に8割は必要

有名なパレートの2:8の法則がありますが、
例:「成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している」Wikipediaより

制作でいうと、
コンセプト作りや計画立案をせいぜい多くても2割に抑えて、
あと8割分を実際に作り上げるために費やすのです。
(それが理想なんですけど。。。)

そもそも作ることは時間がかかるものだからです。

 

ブログでいうなら
「何を書こう」の「何を」はネタ、アイデアだから
考えるのは全体の2割程度の時間に抑えて、
「どう書くか(伝えるか)」に8割分の手間と労力をかけたいです。

毎日の事前のネタ収集は必須だとしても
「今日何書こう」は仮でもさっさと決めるのが一番です。

 

 

と、

実は昨日のブログは90分くらい「何を書くか」を決められなくて。。。

めっちゃ自分に向けてのエントリーでした。

何書こうなんて悩んでたら
ホント書く時間がなくなるだけです(^_^;)

 

 

今日も読んでくれてありがとうございます。

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

先週入浴中に
シャワーヘッドを左足の甲の上に落としたところが
まだ微妙に痛みます。(^_^;)
アザも消えたし、すぐ治るかと思っていたら
意外に痛みは残るもんだと体感中。

 

理屈も論理もまったく関係ない理由を持つのが、習慣化の最終形態

Posted on 2018-03-13

 

まだまだ朝晩は冷えますが
真冬の冷え込みに比べたらずい分と暖かくなり
朝にウォーキングをするのがラクです。

いく度か朝以外の時間帯でのウォーキングを検証しましたけど、
結局朝にウォーキングしています。

(ジョギングはお休み中なのでウォーキングと書きます。)

 

■ 自分にとってのベスト探し

ウォーキングは、断続的ですが続いている習慣としては長くなりました。

習慣化となる1番最初の1歩は
『会社帰りに一駅歩く』という王道からです。

そこから数年経ち、出勤前でのウォーキングとなり、
でも朝は貴重だからとウォーキングは夜に帰りがけにやることにして
もっと重要と思われることを始めてみたりしました。

 

またウォーキング以外の有酸素運動で
縄跳びとか踏み台昇降も試しましたけど、続かず。。

スポーツジムでのトレッドミルなどは
全くやりたいと思わないので試してもいないです。。(^_^;)
(運動をするためにわざわざ移動するのがキライなんです…)

 

■ 朝にやるメリット/デメリットを書き出したけど、、

メリットは、

・朝焼けが美しい。(毎日感動。)
・人気がないから自分のペースで歩ける。
・空気が澄んでいる。
・むくみが取れて全身がスッキリする。
・体が温まる。
・1日、動きが軽くなる。
・お腹が減るので朝食がおいしい。
・道が暗くない。(早すぎると暗いけど。笑)
・お気に入りのランニングシューズを履けるのが嬉しい。
・今日もやったと満足感を得られる。
・コースを決めているので最中にはいろいろ考えられる。
・ストレス解消。
・スタイルキープ。
・肌のツヤが良くなる。
・真冬のウォーキング後に入るお風呂が極楽。(冬限定)

 

デメリットは、

・雨(雪)の日にはできない、もしくは準備に手間がかかる。
・疲れているときは日中にダルくなりやすい。
・朝の時間が圧迫される。
・寝坊したらできない。
・真冬は呼吸器官の炎症から風邪を引きやすい。
・真冬は乾燥と寒さから鼻血が出る。

今のところはこんなカンジです。

 

でも、あれやこれやと検証した結果、
結局朝焼けの中でやるウォーキングが
「一番好きだ」という理屈も論理もまったく関係ない結論に。(笑)

 

メリットの最初、

・朝焼けが美しい。(毎日感動。)

これが一番好きなだけでした。

むしろこれだけで十分だった。(笑)
他は後付け。

 

■ 好きだからいいや

朝は一番の「クリエイティブ・タイム」だとか
「脳のゴールデンタイム」とか聞きますので
なんかこう、朝活でもいいし、何かしらのアウトプット、
もしくは仕事をした方がいいんじゃないかと思っていたんですよね。

しかししかし、
習慣化の最終形態でやらない方が段々と調子が悪くなるというか、
イライラしてくるんですよね。

最初は貯金があるから平気なんだけど、
習慣していた頃の貯金が切れ始めると
じわりと下がってくるカンジに。

なんで調子が悪いのかと思ったら
いつもの好きなことしてないからだと気づいたワケです。

 

たとえ夜でも
同じウォーキングだと思ってたんですが
夜道歩くの好きじゃないから
(子どもの頃、夜道に黒い犬に気づかず吠えられたことある)、
朝と同じ効果が得られないことを実感。

あと朝以外には夕暮れ時がいいタイミングなのですが、
今のわたしのライフスタイルでは難易度が高くて。

やり始めはそんなこと思ってなかったかもしれませんが、
習慣化したことには理屈を超えた動機が醸成されてくるのかも。

あなたが何か続けていることがあったなら
理屈を超えた動機があるのではないでしょうか。

 

ブログもそのレベルに行き着くのが理想です。(笑)

 

 

今日も読んでくれてありがとうございます。

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

今の時期、歩くと沈丁花の香りがしてきますね〜(^▽^)
秋の金木犀と並んでその香りから季節を感じます。

 

億単位の価格表記の意味するところ

Posted on 2018-03-12

 

新聞は日経をとっています。

日経の特徴なのか、
新聞に挟まれている特集冊子に
時計やジュエリーなどのラグジュアリー商品を
紹介しているものも少なくありません。

仕事柄見ること自体好きなので
あればチェックしています。

 

で、昨年晩秋の頃、
ラグジュアリー商品に安いものは皆無とはいえ、
桁違いのお値段の紹介に目が丸くなりました。

 

■ 価格を見せる意味は何だろう??

まずは下記参考写真をご覧ください。
(思わず写真に撮ってしまいました。笑)

 

わたし自身が宝石・ジュエリー類に興味がないので
これらの宝石自体の価値はわかりません。

だからその表示されている価格に
「おお〜っ」てなりますけど(庶民だもの・笑)、

少なくとも上記商品をホントに購入できる人って
値段関係ないんじゃなかろうかと憶測。

まあ価格表示の意味は想像するしかありませんが、
半端に問い合わせを受けないため?と思ってます。

 

■ 値段ってなんだろう…

当然、それぞれの石の価値や、
デザイン性、宝飾加工の技術の高さ、
ブランドイメージ、

それを身に付けることでの
セルフイメージの向上。

あるいは現金以外で持つ資産?

 

必要を感じなかったり
興味がないものには高いと感じるけど、
必要だと感じたならば
上の宝石も安く思うのだろうか?

かんばって働いても買える値段じゃないから
思考が大きく変わりそうではあります。

 

会社が六本木にあった頃に見た
不動産チラシで1色刷りのA5サイズ、
いかにも安いチラシ仕様なのに
13億円の億ションだった時以来の衝撃でした。

 

【余談】
億単位の商品を見た後だと
下のスイカも安く感じません?
感じないか。(笑)

 

 

今日も読んでくれてありがとうございます。

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

iPhone8にしたら撮った写真がキレイなのにも驚いてます。。
一眼レフ買おうかと思ってたんですが
なんかもう充分…(^_^;)