am blog am blog am blog

コツコツ

一石五鳥〜十鳥くらいないと続けられない

Posted on 2015-04-30

“続いている”(やらずにはいられない)習慣と、
“続けている”(意識してやっている)習慣が、
いくつかあります。

(あえて書きますが生命活動は含みません。寝るとか食べるとか。笑)

 

♦ やってみてわかる続けずにはいられないこと

ずばり、文章を書くことと運動です。

10年前は確実にやっていなかった2つの習慣です。
(始めたのは運動の方が早かったです。)

今となっては
ブログ更新は毎日でなくとも日記(文章)は毎日書いていますし、
運動はやらないと体調が悪くなるようになったので、
ほぼ毎日歩くかジョグか、たまにヨガか筋トレを組み込んでいます。
疲れていたらストレッチとか。

いずれも、やることのメリットが
やらないことのデメリットを大きく上回り、
さらにそのメリットを初期の段階からコンスタントに感じたから
結果、“続いている”習慣となりました。

 

♦ やるなら、メリットは一石五鳥〜十鳥くらい欲しいと思う

デザインは私にとって仕事(生活?)なので
習慣とかそういうことではないです。

しかし残念ながら、仕事だけ暮らしているだけでは腕は上がりません。

もちろん実践である仕事から多くを学び、考え、できるようになりますけど、
それだけでは足りないのも現実だと思っています。

なので、今はもっと思考力も表現力もつけたいと思い、
習慣を一つ追加。

それは魅力あるものを作れることが、お客さんの価値を高めるからです。

『みんなが書く』時代で、書き続けること

まだ意識的に“続けている”習慣ですが、
“続いている”習慣にしたいと思っています。

 

結局、メリットが一石二鳥どころか一石五鳥〜十鳥くらい感じないと
続けられないのが現実かもと思いました。

それはやってみないことには実感できなくて、
人が言ってどうこうより、
自分自身が感じないことにはどうしようもありません。

運動も、別にやらなくても太らないで健康ならやらないでしょう。(笑)

一つの行動でいくつものメリットがあると感じるからこそ、
なんとか続けようと工夫を施すわけですし、
大人は狙ってしかるべしな気がして、
あらゆる行動を紐付けるようにしようと考えたのでした。

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

近日、ブログ更新をおサボりしていましたが、
やっぱり毎日書かないと手が遠くなりますね…(^^;)

 

『みんなが書く』時代で、書き続けること

Posted on 2015-04-07

ブログを書き(ここ)、
毎日1ページ分の文章を手で書き(心象風景文章化の営み)、
思えば日記的なタイムレコーディングもノートに書いています。

 

♦ もう1冊増やしました。

で、アイデアノートというか、
デザインにまつわる自分の思うことを書きたくなり、
その出しどころのノートを追加しました。

実務の仕事用はすでにあるので、
別のノートをわざわざ作るかどうしようかと思いましたが、
「毎日1ページ分の文章を手で書くという『心象風景文章化の営み』」で、
続ける型として、真似しようと。(笑)

デジタルではなくノートなのは絵も描きたいからです。

とりあえず、質よりも毎日ノートを埋めることを優先します。(笑)

 

♦『みんなが書く』時代で、書き続けること

1450年頃にクーデンベルクが活版印刷技術を発明してから
近代に至る過程で、『みんなが読む』時代へとなりました。

また、インターネットの普及で
今度は『みんなが読む』側だったのが『みんなが書く』時代へと、
つまり受信するだけでなく発信者側に立つという、
革命と呼ばれる転換がおきたのが20世紀末から21世紀に入ってからの流れです。

情報発信において
『書く』ことだけに限定されるものではありませんが、
ここでは音楽も写真も映像もイラストも文章も、
諸々ひっくるめて『書く』と書きます。

 

この、『みんなが書く』ってものすごいことだなって
改めて思ったんですよね。(今さらでも。笑)

『書く』という行為は、媒体はなんであれ、
続けていれば遅かれ早かれ自分が何を考えているのかを問いかけ、
なぜ書くのか、また書くからこそ
新しい情報・視点・価値観・経験が欲しくなるというループもできます。

他者との知恵の共有は楽しくもあり刺激的でもありますし。

 

ただ、私自身はブログという開いた場だけでは
思考の場としては足りなく、
別の閉じた場をいくつか作ることにしました。
『内省』と『情報発信』

あるいはブログを書き続けてきたからこそ、足りなくなったのかもしれません。

開いた世界を広げるために、
閉じた世界を深める必要があるのです。

同時にやれる人がいるのも知っていますが、
単に私がそのタイプではないというだけです。

なので新しいノートも目的があるので
そこを目指してコツコツやっていきます。(笑)

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

日記というか、もっとライトな10年メモなるものも始めています。

10nenmemo_main2

http://nununununu.net/

そんなわけで、毎日書く(もしくは描く)ノートが4冊に増えました。(笑)

 

コツコツのコツ

Posted on 2014-09-18

『コツコツやる』
『継続は力なり』

聞いただけでは全くもって体現できないけど、
普通の人が唯一体現できることです。

 

♦ どんな『コツコツ』をやっている?

大人になってから、特に最近身に沁みたのは
『コツコツやる』ことでしか
『なるようにならない』ということです。

私にもいくつか習慣があります。

それらも毎日地味〜に繰り返さないと
その先にしか変化はないんですよね。。。

ダイエットしかり、デザインのあれこれしかり、
最近はスキンケアもそうだったと実感しています。

 

♦ ブログが『コツコツ』の体現だった

毎日更新していたこのブログも
他の習慣との優先順位の検討から少し手放してみようと思った8月。

で、検討した8月〜9月中旬。

結論、微妙でした。(笑)

 

言葉を綴る行為そのものに
私には価値が大きかったようです。

自分の体験や考えを
自分の言葉で外に向けてまとめることは
日記にはない緊張感と
意識を外に向ける強制力があります。

それがどうも自分には毎日の場としてあった方がいいことに
いつの間にかなっていました。

これこそ長く続けてきた結果かもしれませんが。(笑)

 

♦ 『コツコツ』の始め方

継続できればいいなんて、それこそみんな知っていることです。

問題は
「結果は欲しいけど、その手前の行動自体がそんなに好きではないこと」です。

わかりやすい代表例がダイエットための筋トレや有酸素運動とか。(笑)

全部が全部好きになっから始めることはできません。
でもやり始めると、結果が表れて好きになっていくことも多くあります。

そのことを知っているだけでも、
最初のチャレンジのハードルが下がって
やってみようかなって気分になるのではないでしょうか。

 

♦♦♦ まとめ ♦♦♦

自分なりの『コツコツのコツ』が掴めると他に応用が効いていいです。

私にとって効いた言葉があります。

「今だけ、少しだけ、頑張ってみよう」

ポイントは『少しだけ』です。

目一杯に頑張ろうとしてカラダが付いていかず
挫折したことが多くあり、あまり頑張り過ぎない方がいいなぁと。

 

さらには毎日疲れていたり面倒なことも多いですけど(笑)、
この「ちょっとだけ頑張れると自分が嬉しい」というのに気づいたのです。

「自分が嬉しい」ことが、
続いていく一番のコツなのではないかと思います。

(もちろん自分をいじめた方が快感な方は、そうしていいと思いますよ。)

私もこのことに気づくのに長らく試行錯誤してきました。

自分をより知ることが、
続けるのが楽になっていくコツなのだと思います。

 

それでは今日はこの辺で!また明日

 

*** 今日の雑談 ***

今朝は寒い!と思って目が覚めてしまいました。
でも起きようとした時刻の3分前。
ラッキーな気分です。(笑)