am blog am blog am blog

2015-08

気になるデザイン:カルバトスのボトル

Posted on 2015-08-31

0831_1 0831_2

 

カルバトスのボトル。

カスバドスは発酵させたりんごの果汁を蒸留して作った「りんごのブランデー」。

銘柄忘れましたが、ラベルからググってみたところ、
Calvados Pomme d’Eve(カルバドス ポム・ド・イヴ)」というもののようです。

リンゴが丸っと入っているのが目を引きます。

ラベルもその見えるリンゴを邪魔しないように透明ラベルにし、
書体も主張し過ぎないものになっています。

 

カルバドスはフランスのノルマンディー地方で造られたものしか
名乗ることができないとか。(Wikipediaより)

そういうところはシャンパンのように、
ブランドをがっちり守っています。

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

8月も今日で終わりですね〜
今年の8月は暑いわ寒いわで
体調管理を見直すきっかけとなりました(^^;)

 

欲が出ると出会う!

Posted on 2015-08-30

0830
*写真撮ってないから忘れないうちにスケッチ。(笑)

 

昨日、友人宅にお邪魔して気が置けない仲間と
たこ焼きパーティー(略してたこパー)でした。

そこで友人の料理の腕前に
目を見開かれる思いがしましたので(笑)、
それをブログに記したいと思います。

 

♦ 自分がやっているからこそ、肌感覚でわかるスゴさ

近年は休日だけでなく平日夜もなるべく家で作って食べるようになっており、
自分比レベルで家メシを増やしています。

全く作らなかった20代に比べれば、
まぁなんとか作ることには慣れてきた状況です。

いえ、慣れてきただけだっと気づきました。(苦笑)

たこパーって銘打ったので、
みんなでワイワイたこ焼き器で焼きながらつまみながら
飲んで食べて楽しむくらいと思っていたら、、、

出てきたお料理のレベルが高い!
(とても嬉しい&おいしかったです。笑)

 

たこパーだからタコつながりでタコスで
メキシコ料理が出てくるんですけど…!!

おウチでメキシコ料理を日本人が作るの?!
好きだから??
それ、普通ですか??
私は初めてなんですけど?
つか、おいしい!!!

 

前日や朝から準備をしてくれていたとはいえ、
某会社で部長をしているTHE営業の彼女、
さすが、お仕事できる人は違う。

たこパーのために特別に作ってくれたのではなく、
普段の普通のレベルが高いのが見て食べてわかりました。

おいしく食べるのが好きみたいです。

 

♦ 高いレベルを体感することで変わる基準値

身内を晒すのはどうかとも思いつつ、
周りのわかりやすい比較として、私の母は料理がヘタでした。(笑)

よくあるパターンは年末年始に実家に帰り、
一番美味しかったのはハムとお餅だったりとか。(笑)
詳細は伏せます。笑

お弁当も彩りはほぼなく、茶色だったし(作ってくれるだけ有難いですけどね・笑)、

祖母が作ってくれた大好きなおかずを母にリクエストしたら、
同じ素材を使っているにも関わらず似て非なる料理が出てきて、
子供心に人にはできないことがあると理解し、二度と頼まなくなりました。(笑)

無農薬野菜など、
そういうのには気を遣っていたので食に無関心ではなかったのですが、
残念ながら料理上手ではありません。

下手なのに創作したがるからやや手に負えないところもあり。。。(苦笑)

親の料理の腕が子に伝播するわけではないですし、
母は働いていたのもあって、私の中ではいい悪いもなく、
ウチはそうだったと思っているだけです。

 

ただ、今回の体験で思ったのは、
家でおいしいのを食べることができる(しかも相当レベル高く)、
それを自分で作ることができる(今の私は焼くか蒸し焼くしかやってなかった!笑)、
家庭料理の基準値をアップデートできたのが一番勉強になりました。

それは全く知らない遠くのスゴイ人からなのではなく、
身近で親しい人の高いレベルだったことが肝心なのです。
(冷蔵庫だけでなく冷凍庫も持っていました。)

 

あのレベルが当たり前だったら
知らなくてすみませんなカンジですけど。。。(///)

 

♦ 欲が出てきたところでの出会いは効果抜群

今まででも充分おいしくいただいていたのですが、
おいしいものは知ってしまうと贅沢になりますね(^^;)

あともう一つ、昨日がきっかけってワケではないのですが、
外食熱も再燃しています。

先日の撮影時にたまたまみた雑誌で
こだわりのレストランのシェフのコメントにシビれたりとか。(笑)
(カメラマンも知ってる有名な店だった)

お金と時間と健康を使う外食には一層気を遣おうと。
(雰囲気で選びがちだったので・笑)

 

作ることに慣れてきて、
食べるならおいしい方がいいなと欲が出てきたところでの
レストラン情報やレベルの高い手料理。

欲が出ると出会いますね!

すぐにはムリでも、友人みたくなるぞー!(←宣言)

 

 

余談ですが、
身内の人(奥さんorダンナさんor親御さん)に作ってもらっている人は
そうなってもらおうとするのはNGです。タブーに近いと思います。
人から要求されても「自分でやって」と反発されるだけですし、
人としてのあり方に疑問を感じてしまいます。

自ら作って(あるいはレストランへ行って・笑)、おいしく一緒に食べましょう。
その方が幸せになれます。(笑)

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

昨日の料理は写真に撮らなかったので(人様のお宅でのためらいがありまして)、
でも忘れたくないから今朝にスケッチ。
冒頭のイラストがそれです。(笑)

RSS Feed  Tags:,
Posted in 思うこと | No Comments »

 

気になるデザイン:ホテルオークラ東京〈日本モダニズム建築の傑作〉

Posted on 2015-08-29

IMG_4836*
*オークラ・ランターン

 

今年の8月をもって立て替えが決定している
ホテルオークラ東京。

立て替えは2020年東京オリンピックに向けた動きの一つになりますが、
本館は日本の伝統美が外壁から内装までふんだんに盛り込まれ
「日本モダニズム建築の傑作」とも呼ばれ高く、
海外からも計画見直しの嘆願運動が起きたりと、その魅力からファンも多いです。

 

以前から行こう行こうと思っていたのに
結局ギリギリでラウンジのみの見学になってしまいました。。

(お泊まりとか、レストランとか、“ホテルそのもの”は体感できず…^_^;)

 

IMG_4832*

 

さよならホテルオークラ 本館営業休止、建て替えへ

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

今日は友人のグループ展に行ってからの、
タコ焼きパーティです。楽しみ♪

 

日常の違和感に気づくことが『デザイン』の入り口

Posted on 2015-08-28

IMG_1359*

 

ここ最近、電車トラブルが多いですね。@首都圏

今のところ、数時間も車内に閉じ込められた経験はありませんが、
いつそうなるかわかりません。

ニュースを見る度に不思議に思うことがあります。

 

♦ 電車が駅と駅の間に止まったら、乗客になす術はもうない?

人間は待たさせるのは数分でもツラいのが心情。

ましてや窓も開けられない電車内で
状況もよくわからないまま数時間待つ、、、
辛そうなのは想像に難くありません。

 

まず思いつく心配事として、トイレです。

海外旅行中でのトイレネタなら恥はかき捨てと笑い話にできても、
これが日本では社会生活がリアルだからシャレにならない。。

 

それでも大人の健常者なら
立っていても座っていても疲れるくらいで済むでしょうけど、
もしかしたら乗っているかもしれない赤ちゃんやその親御さん、
小さいお子さんやご高齢の方、病気の方では負担が全然違うと思うのです。

これって全然人間にやさしくない。

毎日時間通りに運行してくれているのは有難いですが、
大きく狂った際には柔軟な対応ができるように改善してほしいところ。

車内で何時間も待たせずに、1時間とか経ったら
割り切って徒歩で駅まで移動できないものなのでしょうか。

首都圏なら駅間に電車が止まっても
次の駅までならそう遠くはありませんし、
歩ける人が社外へ出れば車内は空くでしょうから、
車内で待つこともいくらか楽になりそうです。

 

♦ 現場の人間の判断で動いてもらえるように設計できないか?

線路内は危険。

電車が動いているのなら間違いなくそうですし、
私も電車オタクではないので
素人が知らない危険物も少なくないのかもしれません。

 

こういうとき、
「安全が確保できないから降ろせないんだ」との意見がありますが、
それでも線路内は歩けないほど危険ではないのでは?とも思うのです。

だってたまに走行中の電車から
工事中(保守点検中?)のおじさん達を見かけません?

そういう場所があるのなら、
危険物に触れずに歩けるスペースがあるのではないかと。
狭くても。

 

歩ける場所、つまり歩いても大丈夫なに色を付けて
誘導しなくても乗客が自主的に
駅まで動けるようしておくというのはできないものでしょうか。

要は誘導する人員は少なくてもいいように
(電車には少なくとも1人以上の運転手さんか車掌さんがいるはず)、
もっというと、いなくてもいいように設計をするのです。

例えば、成田空港第3ターミナルのデザインのように
移動通路を認知しやすくしておくとか。

当然クリアしなければいけないことは多くあるだろうし(簡単とは言いません)、
今の現状がそういうものだからと、
現状を当たり前のままにしておくのはどうなんだろうと思いまして。

 

♦ 日常の違和感に気づくことが『デザイン』の入り口

なぜこんなことを考えるのかというと、
運行の復旧に尽力しているとはいえ、何時間も車内に待たせるのは
鉄道会社として本当にお客さんのために考えているといえるのかと、
疑問を感じるのです。

また、いくら安全性に気を遣っている日本の鉄道とはいえ、
不確実で予想不能なことはあるとの前提で
お客さんが安全に逃げられるような選択肢を用意してもいいのではないかと。

 

こういうことを考えるのは、決して私がデザイナーだからではありません。

確かにアイデアを現実のものに着地させるにはデザイナーが必要だし、
出てきたアイデアが解決されるものになるとの判断にも、
やはり専門性がいるとは思います。

でもそこ以前の、専門職に限らずとも
自分の日常に疑問を持つことこそがデザインの入り口だと考えています。

 

ティム・ブラウン(デザインファーム・IDEO(アイディオ)のCEO)の著書、
『デザイン思考』でも「デザイン思考はデザイナー以外でも実行可能」と謳うように、
疑問に思い、もっとこうなればいいのでは?と考えることは
なにもデザイナーだけの専売特許ではないからです。

それぞれの現場を知る人にこそヒントとアイデアを持っており、
見た目に美しくすることだけがデザインの本質ではありません。

デザイン戦略という言葉も流行っていますが、
ここでいうと、鉄道が止まった時にどう快適に解決するかを
デザイナーと一緒に考えさせてくれないかなぁ(笑)

感情とシステムの融合、
そういう場にこそ「デザイン力」が最も必要だからです。

 

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

今日の内容は、取引先の方に熱く語ったらやや引かれたので
そういうのをブログにすればいいんだと思ってのエントリーです(^^;)

 

体力も、有限な資産。

Posted on 2015-08-27

IMG_4328

 

今年の夏バテネタ、今日も続きますm(_ _)m

近年、特に健康面では気を使っていたつもりだった分、
バテてしまったのが結構ショックでした。

ブログネタにして元を取ろうと
もしかしたら参考になる方がいらっしゃるかもしれませんので、
まだまだ試行錯誤中ですが、その対処内容を残しておきたいと思います。

 

♦ 睡眠時間と起きる時間

つい数ヶ月前、自分の適正睡眠時間を測ろう
大きくはないにせよ、起きる時間は就寝時間によって
1~2時間くらい変動していました。

それで調子が良かったのなら続けていましたが、
残念ながら私はそうでもなかったので(汗)、変更。

現在、規則正しい生活の基本、
起床時間は固定、朝・昼食の時間を一定(ある程度)にしています。

0827
*イメージ

夜は決めていません。
そこまでは面倒なのと、疲れてくる夕方から夜にかけてはユルくしておいて
ストレスをかけないようにしておきます。

 

就寝時間が遅れても起きる時間は変えないでおこうと思っています。

その代わり朝食後に寝ようかと。(笑)
体の疲れ具合によって、
どれくらい休むかはそれぞれの状況次第になりそうですが。。

別にこれがベストというつもりでもなく、
しばらく続け、調子がいいならそのまま続ける、といった様子見のところです。

 

♦ 自分の、そもそもを受け入れる

もともと低血圧で、扁桃腺(呼吸器官)が弱いので
疲れやすく発熱しやすい(風邪を引きやすい)体質といえるかも、
とは思っています。。
認めたくはありませんが。。。

低血圧ですが、朝起きられない原因と思ったことはありません。(笑)
もしかしたら疲れやすい一因かもしれないという程度です。

風邪対策では手洗い&うがいは完璧に身に付いている習慣です。
屋外から室内に入るだけで、手洗い&うがいをやりたくなって
少しソワソワします。(笑)

ウォーキングやジョギングをやっているから(冬はマスクしながらやる)、
やっていない頃よりは、体力はついたと思いたいのですけど、
またそれとは違う鍛え方がいるのでしょうか。。

先日に、認めざるを得ないほど腹筋ができなかったので、
筋肉がつけば、疲れやすさと首コリが多少でも解消されるのではと期待中。

 

♦ 体力も有限な資産

特に病気といった症状はなくとも、
回復に時間がかかる疲労には自分が敏感でいるしかないかなぁと。
まだ頑張れる疲労感との見分けができるように。
(この感度は瞑想に期待中。笑)

これは自分以外の誰もわかりませんし、
エネルギー値が下がったままでは自分が頑張れないですし、
周りにも迷惑をかけてしまうのも心苦しいですから。

 

私にとっては時間だけでなく、
体力も有限な資産です。

時間は増やせませんが、
体力はもうちょっとなんとかなるのではないかと。(笑)

そんなこんなで試行錯誤は続きます。

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

そのわりにはウチの女系は長生きそうなんですよね。。。
ムリしない(できない)からかも(^^;)

RSS Feed  Tags:
Posted in 思うこと | No Comments »

 

なんで瞑想したいんだっけ? → 思い出しました!

Posted on 2015-08-26

IMG_3381

 

今年3月に受講したGoogleのマインドフルネス(瞑想)プログラム
SIY(Search Inside Yourself/サーチ インサイト ユアセルフ)
その時にパートナー(SIYではバディと呼ぶ)となった方と
月1でのシェア、学び・気づきの共有を続けています。

先日、パートナーの方との対話から
なぜ瞑想を続けてようとしているのかを改めて思い出しました。

 

♦ 猛暑でほとんど意識に上らず…

昨日から8月とは思えないくらい涼しいですが、
梅雨明けから8月中旬までの暑さはなかなかのものでしたね。。。

実はそのため暑さに全面負けで、
「瞑想」の意識はすっ飛んでしまいました。

それが言い訳ってワケではなく、
本当にそんな状態に陥ってしまったと思っています。。。

 

どういうことかというと、
暑さから受ける体のツラさと、その体から影響される心の反応を、
切り離せなかったということです。

 

♦ 体の反応 = 心の反応(情動)

感情というよりも、もっと衝動的な感じがしますので
ここでは情動と呼びます。

以前webで流れていたニュースから、
情動によって体では反応する部分が変わるというのはご存知でしょうか。
(SIYでも紹介していました。)

議論の余地はあるようですが、
情動によって体のさまざまな部分が反応しているのが
わかりやすく見て取れます。

0826_2

引用:http://www.pnas.org/content/111/2/646.full.pdf

 

また、情動が体に影響を与えるのと同じように、
体の反応も心に大きく作用してきます。

お腹が減っていればイラつくし、
涼しくなれば寂しく感じるし(笑)、
疲れればヤル気がなくなります。

 

あの猛暑で私だけがツラかった訳ではもちろんありませんが、
私の中の回路でいうと、
流れとしては「 暑い → ツラい(体) → イヤだ!!(心) 」というものでしたが、
いつの間にやら「 暑い → → → イヤだ!!(心) 」という一直線な反応のみが強まることに。。。

0826

今年の夏は特に熱中症に気をつけないといけませんでしたから、
生物としてあの体の反応は正常だったとはいえ、
心の状態を大きく振られ過ぎていたことに気づきました。

 

♦ “今”に戻るスイッチとしての「瞑想」

で、瞑想に話を戻しまして、
こういったことに気づくために瞑想をするんだったと。(汗)

体が反応して、心が感じているだけなのか、
心が感じて、体が反応しているだけなのか、
自分をフラットに見つめられるように。

瞑想の効能はいろいろあるようですが、
自分の心や体が、何に反応してそうなってそのいるのかを
まずは一歩引いて気づけるように。

 

夏バテして瞑想の必須さに気づいたので良しとします。(笑)

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

 

*** 今日の雑談 ***

読書でも集中したい本は
ちゃんと机に向かって1日30分は読みたいと思いつつ、
うまくできずにいました。
ふと、1回10分を1日3回やればいいことに気づき、最近お試し中です。

 

自ら「身をもって知る」しか、わからない

Posted on 2015-08-25

IMG_3424*

仕事でもスポーツでも良習慣でも囲碁でも、
その「感覚を得る」ことができるかどうかが
「できる・できない」の境目だと思うようになっています。

「気づくこと」のさらに一歩先といったところでしょうか。

 

♦ 頭で知って、試して体で知って

近頃、起床時間を一定にして体の調子を確認中です。

体に合わせて寝てもそう健康にもならなかったので(苦笑)、
またリズムを変えて様子見です。

健康のPDCAを回しているというと
ちょっとカッコよさげですかね。(笑)

 

体の調子を整えるにも
思うだけではなかなかできません。

みなさんもそうかと思いますが、いろんな要素がありますから、

運動すれば良いのがわかっていても全然できなかったり、
早起きしたくとも早く寝れなくて全然できなかったり、
3食栄養を考えて摂取したくても食べ過ぎちゃったり食事自体を抜いてしまったり。

知識として仕入れたものを
頭で思い出しながらやるのはなかなか続きません。

 

ただ、できる人というのは必ずいるのも事実。

最近それはやっぱり、“当たり前の感覚”が違んだと思っています。

 

♦ 自分の感覚を入れ替えていく

ブログだって、毎日質も高く書いている人も少なからずいます。

仕事も、端から見たら24時間働いているようにしか見えない人も、
それなりにいます(ここではあくまで好きで働いているという意味です)。

逆に働かないように見えてしっかり稼いでいる人もいます。

それらの人が最初からできていたのなら、
そもそも持っている当たり前の感覚が
その状況に適切なものだったのでしょう。

 

では、そうでなかった場合は?

痩せたいと願いながらも運動習慣もなく、
ポテチやドーナツが毎日のおやつに欠かせないという感覚を持っていたら、
やはり何かを変えないといけなさそうですよね。(笑)

やり方はそれこそダイエットなら多くあると思いますが、
最初は5分歩くとか、物理的に買ってしまうコンビニなどに行かないなど、
無理をしすぎない制約を作りながら、
やはり意識して変えてくのではないでしょうか。

それでも意識し続けているうちは、まだ当たり前とは言い難いです。

もちろん、意識することは始まりにとても大切だと思いますが、
それらのことが当たり前にならない限り、
意識することにエネルギーを使い続けていられなくなります。

 

意識は言葉です。頭で知ることです。

それだけではやはり人間には足りないなと。

頭だけでなく、体も知って、それが自然に実行できるようになる、
その「感覚を得る」ことが“当たり前に変わる瞬間”なのではないかと
近頃思ったことです。

スポーツはよりその体験がしやすそうですが、
日常の行動を伴うことには全て当てはまると思うのです。

「気づき」は無意識だったのが意識ができた状態で
実行ができるとは限らず、
まだ「感覚を得る」ほどはわかってはいないカンジ。

 

♦ 「身をもって知る」しか、わからない

体で知る感覚の大切さを書きながら
言葉のスゴさを感じずにはいられません。

この「身をもって知る」の言葉の深さに一人で震えてます。(笑)

もちろん、いくら頑張ってもできないことは多くあります。
(私がどんなに努力しても100mを10秒で走れるようになることはないです。笑)

ただ、やればどうにかなることも人間には多くあると思うからこそ、
頭で知るだけでなく、体から知ることの方が行動が変わるのではないかと。

だって体が知っていれば動きますから。

 

まあ、言い方はなんでもいいと私は思うのです。
自分から出てきた言葉なら。

そう思い、ブログに残しておきたくてのエントリーでした。

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

以前までブログにはフリー素材の写真を使っていましたが、
ふと、撮りたまった自分の写真を使えばいいかと過去の写真を引っぱり中。
コンデジ購入熱がさらに高まっています。(笑)

RSS Feed  Tags:
Posted in 思うこと | No Comments »

 

気になるデザイン:Belvoir Fruit Farms Ginger Beer(ビーバーフルーツファーム ジンジャービア)

Posted on 2015-08-24

IMG_2160*

 

「Belvoir Fruit Farms Ginger Beer(ビーバーフルーツファーム ジンジャービア)」

DEAN & DELUCAなどで売られているオシャレオーガニック飲料ですが、
ラベルやボトルがかわいいのは当然のごとく、
飲んだ後にもかわいさが隠れています。

 

IMG_2159*

 

こういうブランドだからこその魅せ方は心がくすぐられます。(笑)

 

 

Belvoir Fruit Farms / Ginger Beer

記事の写真がとてもかわいい♥

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

夏期休暇は昨日で終わりで、今日から通常業務です。
休暇中、よく行くバーでボスに会って
さらにお世話になっている先輩デザイナーに会うわで
デザイン界・旬のネタ話で盛り上がりました。(笑)

 

気になるデザイン:SANT ANIOL(サンタニオル)

Posted on 2015-08-23

IMG_1660*
IMG_1661*

 

「 Sant Aniol(サンタニオル)」

スペインのウォーターボトル、Sant Aniol。

水なのに、いや、水だからこそボトルがオシャレです。
(特に瓶モノが。)

ボトルの奥に見えるブルーが、
シンプルだけど印象を強く与えています。

ノンアル飲むよりこういうのの方がいいと思うんだけど。(笑)

こちらは炭酸ナシのものになりますが、
ブルーの部分がレッドだと炭酸入りです。
微炭酸のグリーンも有り。

 

ボトルのデザインとはちょっと内容が離れますが、
画像は自分のiPhoneで撮ったもので、
正直あまり良い写真じゃないなー、と思っています。

でも、そういう自分の小さなこだわりで
「良い」と感じていることを出さないままでいるのも違うと思い直し、
出し惜しみしないで放出(笑)していきたいと思います。

 

Sant Aniol

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

昨日の茶道の稽古で、
久々の正座からの立ち座りで足下がフラつきがちでした(^^;)

 

気になるデザイン:イタリアのおじいちゃんのグラッパ

Posted on 2015-08-22

IMG_2513*

 

「イタリアのおじいちゃんのグラッパ」

オーナーがワインにこだわった居酒屋さんで出会いました。
(こだわりが強く、都内のバーテンさんが勉強しに来るほどだったらしい。)

イタリアの醸造家のおじいちゃんが、
まさに家族で作っていたグラッパ。

ほとんど流通しておらず、
他でこのボトルを見たことはないです。

ラベルはそのお子さん(といってもそれなりのご年齢と思われる)が描いているとかで、
イタリア人、センス良過ぎ!と唸らずにはいられません。

1枚1枚手作りラベルです。
同じのはありません。

 

IMG_2516*
IMG_2512*

 

可愛い顔していますが、ブランデーの一種なので
アルコール度数は高いです。

文字が達筆過ぎてわかりずらいですが、
ボトルのところどころに「50」とあるので、
50度なのではないかと。。。

少なくともグラッパなら40度〜60度くらいあるものなのでそうかな〜と。
お店で聞いたはずですが失念。(ちゃんとわかってなくて恐縮です^^;)

 

IMG_2517
IMG_2518*
IMG_2519*
IMG_2520*

 

残念ながら、このグラッパはもう飲むことはできません。

醸造家のおじいちゃんが亡くなっているから。

だからグラッパもあるだけしか提供できず、
初めて出会った頃で1杯2,500円。
(最後の方、もっと値上がりしてました。笑)

 

私には香りと舐めるだけで十分なパンチ力。(←いろんな意味で飲めない)
香りはほぼ注射前の消毒液…(汗)

ボトルは可愛いけど。。。

これが大人のカワイイなのだと知りました。

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

今日はお茶のお稽古です。
8月上旬は発熱で行けなかったので
かなり久しぶりな気分(^^;)