am blog am blog am blog

パッケージ

気になるデザイン:12Volts(ゲイリー・ベースマンのワインボトル)

Posted on 2015-09-06

0906

 

以前に恵比寿のお洒落レストラン(?)で友人と飲んだ、
アーティスト ゲイリー・ベースマンのイラストの赤ワインボトル。

グロ可愛いなぁ(笑)

 

たまたま好きな雑誌の今月のおまけが
このラベルのアーティストと有名ブランドとのコラボしたバンダナでした。(笑)

↓これ
coach

 

12 Volts

 

■Gary Baseman

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

カクヤスが予約した時間を過ぎてもこない。。。
と、思ってチェックしたらちゃんと発注できていなかったです。。。(T_T)

 

気になるデザイン:カルバトスのボトル

Posted on 2015-08-31

0831_1 0831_2

 

カルバトスのボトル。

カスバドスは発酵させたりんごの果汁を蒸留して作った「りんごのブランデー」。

銘柄忘れましたが、ラベルからググってみたところ、
Calvados Pomme d’Eve(カルバドス ポム・ド・イヴ)」というもののようです。

リンゴが丸っと入っているのが目を引きます。

ラベルもその見えるリンゴを邪魔しないように透明ラベルにし、
書体も主張し過ぎないものになっています。

 

カルバドスはフランスのノルマンディー地方で造られたものしか
名乗ることができないとか。(Wikipediaより)

そういうところはシャンパンのように、
ブランドをがっちり守っています。

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

8月も今日で終わりですね〜
今年の8月は暑いわ寒いわで
体調管理を見直すきっかけとなりました(^^;)

 

気になるデザイン:Belvoir Fruit Farms Ginger Beer(ビーバーフルーツファーム ジンジャービア)

Posted on 2015-08-24

IMG_2160*

 

「Belvoir Fruit Farms Ginger Beer(ビーバーフルーツファーム ジンジャービア)」

DEAN & DELUCAなどで売られているオシャレオーガニック飲料ですが、
ラベルやボトルがかわいいのは当然のごとく、
飲んだ後にもかわいさが隠れています。

 

IMG_2159*

 

こういうブランドだからこその魅せ方は心がくすぐられます。(笑)

 

 

Belvoir Fruit Farms / Ginger Beer

記事の写真がとてもかわいい♥

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

夏期休暇は昨日で終わりで、今日から通常業務です。
休暇中、よく行くバーでボスに会って
さらにお世話になっている先輩デザイナーに会うわで
デザイン界・旬のネタ話で盛り上がりました。(笑)

 

気になるデザイン:SANT ANIOL(サンタニオル)

Posted on 2015-08-23

IMG_1660*
IMG_1661*

 

「 Sant Aniol(サンタニオル)」

スペインのウォーターボトル、Sant Aniol。

水なのに、いや、水だからこそボトルがオシャレです。
(特に瓶モノが。)

ボトルの奥に見えるブルーが、
シンプルだけど印象を強く与えています。

ノンアル飲むよりこういうのの方がいいと思うんだけど。(笑)

こちらは炭酸ナシのものになりますが、
ブルーの部分がレッドだと炭酸入りです。
微炭酸のグリーンも有り。

 

ボトルのデザインとはちょっと内容が離れますが、
画像は自分のiPhoneで撮ったもので、
正直あまり良い写真じゃないなー、と思っています。

でも、そういう自分の小さなこだわりで
「良い」と感じていることを出さないままでいるのも違うと思い直し、
出し惜しみしないで放出(笑)していきたいと思います。

 

Sant Aniol

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

昨日の茶道の稽古で、
久々の正座からの立ち座りで足下がフラつきがちでした(^^;)

 

気になるデザイン:イタリアのおじいちゃんのグラッパ

Posted on 2015-08-22

IMG_2513*

 

「イタリアのおじいちゃんのグラッパ」

オーナーがワインにこだわった居酒屋さんで出会いました。
(こだわりが強く、都内のバーテンさんが勉強しに来るほどだったらしい。)

イタリアの醸造家のおじいちゃんが、
まさに家族で作っていたグラッパ。

ほとんど流通しておらず、
他でこのボトルを見たことはないです。

ラベルはそのお子さん(といってもそれなりのご年齢と思われる)が描いているとかで、
イタリア人、センス良過ぎ!と唸らずにはいられません。

1枚1枚手作りラベルです。
同じのはありません。

 

IMG_2516*
IMG_2512*

 

可愛い顔していますが、ブランデーの一種なので
アルコール度数は高いです。

文字が達筆過ぎてわかりずらいですが、
ボトルのところどころに「50」とあるので、
50度なのではないかと。。。

少なくともグラッパなら40度〜60度くらいあるものなのでそうかな〜と。
お店で聞いたはずですが失念。(ちゃんとわかってなくて恐縮です^^;)

 

IMG_2517
IMG_2518*
IMG_2519*
IMG_2520*

 

残念ながら、このグラッパはもう飲むことはできません。

醸造家のおじいちゃんが亡くなっているから。

だからグラッパもあるだけしか提供できず、
初めて出会った頃で1杯2,500円。
(最後の方、もっと値上がりしてました。笑)

 

私には香りと舐めるだけで十分なパンチ力。(←いろんな意味で飲めない)
香りはほぼ注射前の消毒液…(汗)

ボトルは可愛いけど。。。

これが大人のカワイイなのだと知りました。

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

今日はお茶のお稽古です。
8月上旬は発熱で行けなかったので
かなり久しぶりな気分(^^;)

 

気になるデザイン:柿の葉すし たつみ

Posted on 2015-08-19

IMG_0680

IMG_0681

 

「柿の葉すし たくみ」

奈良吉野地方に古くから伝わる柿の葉すし。

このきちっと感、柿の葉と吉野杉の色合いがとても美しいです。

もう見た目だけで美味しい。(笑)
こういうの、もろデザイナー好みなんです♥

杉の木箱の香りも清々しく、味だけでなく五感で楽しめるお寿司です。

 

東京出身のデザイナー先輩が吉野山に古民家を買い取って移住し、
素晴らしいお宅へ伺った際に地場のおススメとしていただきました。

柿の葉すしは作り立てより翌日食べた方が塩がなじんで美味しいらしく、
書いててまた食べたくなってきました。(笑)

 

柿の葉すし たつみ
HPのデザインは素朴なカンジが逆にいい。(笑)

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

コアスイッチの成果か体重1kg落ちました。
早すぎるのでたぶん違うと思いますけど。(笑)

 

なぜ、あのカタチで、あの表現をしているんだろうか

Posted on 2015-08-11

IMG_0441
ピンぼけですけど。(苦笑)

毎日ブログ更新するために、
エントリーを写真で誤摩化せないかと伝えることができないかと
iPhoneで撮りためた写真を見ていたところ、
いっぱいある写真に気づきました。

それはお酒のボトル…(笑)

 

♦ 嗜好品だからこそ表現に幅がある

ボトル自体の形状だったり、
ラベルのデザイン(図案・柄)や質感だったり、
嗜好品には嗜好品ゆえに製造者の思いの丈が表現されていて
面白いのが多いんですよね。

香水もその傾向が強いですね。
もうそういうのは見ているだけで気分が上がります。(笑)

 

♦ なぜ、ボトルはあのカタチで、ラベルはあの表現をしているんだろうか

日本酒、ワインはある程度決まっていますが、
ブランデーなどの度数の高いアルコールでは
ボトルの形状も特徴的なのが多いです。

また、金箔を使用して輝かせているものが多いのも
ちゃんと理由があります。

お酒は夜に飲むことが前提にありますので、
その仄暗い中でロウソクなどのわずかな光の中でもボトルが輝くように
設計されているからです。
(現代は夜も明るいからそのシーンを体感する機会もそうそうないのが残念。。)

谷崎潤一郎の「陰翳礼讚」ではありませんが、
漆に金箔があるのも同じ理由からです。

単に高級感の演出だけではありません。

 

ワインや日本酒では
新しいワイナリーや醸造の方がラベルのデザインも挑戦的です。

ラベルが新しければ
醸造家の方の意識も相応に挑戦的な(もしくはそうあろうとしている)ことが多いので
そこから聞けるこだわりも面白いものです。

伝統的なデザインには伝統を持つ作り手があり、
新しいデザインには新しい考え方で作っている醸造家の姿があります。

 

♦ 想いが表現へと直結しているもの

お酒なんて、ある意味そこにあるのはムダです。

世界的にも慎もう的な傾向がありますし、
なくても生きていけるものたちです。

だからこそなのかもしれません。
作った想いをカタチによく出そう、魅せようとしています。

そこに必需品ではないからこその
“贅沢さ”をみているかもしれません。

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

要は毎日飲み歩いているワケではなく、
「昔撮ったものですよ!」と言いたかったエントリーでした。(笑)
でもブログにアップするならコンデジ買って
もっといい写真にしたいと欲が出てきました。

 

気になるデザイン:アルザスワイン

Posted on 2015-08-05

写真 1

 

2つのアルザスワイン。
いいかげんなのでちゃんとした名前わからないんですけど。。(汗)

 

ワインは好きですが、全くウンチクはわかりません。
選ぶ基準は主にジャケ買いならぬラベル買いになります。(笑)

2つともジュースみたいに飲みやすい白ワインでした。
左の色の濃い方がコクがあって、
右の白っぽい方がさらりとしています。

種類の違う花に蜂がとまっているのがトレードマークで、
ラベルの感じも品のいい可愛らしさです。

この色合いは日本人の感性ではなかなか出せないんですよね。(笑)

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

暑さに勝とうとせず、
基準値下げて過ごし中です…(^^;)

 

気になるデザイン:小腹を黙らせるヨーグルト

Posted on 2015-08-04

IMG_4412

 

「小腹を黙らせるヨーグルト」

コピーに惹かれて購入。

コピーの力強さ同様、
ビジュアルも果実のシズルフォトのみでインパクトを出しています。

だいぶ以前にまさに小腹が減ったときに買ったのですが、
食べてどうだったか、記憶にないです。

試したくて。(笑)

 

オイコス:小腹を黙らせるヨーグルト

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

猛暑日が連続5日とか。
東京はすでに熱帯ですねー(笑)

 

気になるデザイン:MONKEY47

Posted on 2015-08-01

IMG_4386

 

「 MONKEY47 」

見た目はオシャレですが(だからこそかな)、
アルコール度数47%あるドイツ産のドライ・ジン。

 

なかなかクオリティの高いボトルとラベルのお酒です。
ボトルの注ぎ口、首からボディにかけてのラインが美しいです。

ドイツっぽいといいますか、
ちょっと薬品っぽいくらいの機能美を感じます。

 

ラベルも、猿の部分がエンボスといわれる
浮き上がる加工がされているのがわかりますでしょうか。

IMG_4386*
(写真がよくないから伝えきれませんが…汗)

お酒のボトルはデザインの美しいものが多いので
見るのも楽しみの1つです。

 

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

飲むのは私じゃなくて、一緒にいる人がよく飲むのです。(笑)