am blog am blog am blog

デザイン

デザインは贅沢?

Posted on 2015-03-30

昨日のブログにも書いてますが、
私がインダストリアルデザイナーの山中さんに特に興味を持ったのは、
義足に美しさというデザインアプローチをした
プロジェクトを知ったのがきっかけでした。

 

♦ 生きることと贅沢

実際にデザインがより活かされる場の多くは
〈生死を分ける場〉に今その場では関与できません。

4年前の東日本大震災では、
多くのデザイナーがその職域の無力感に苛まれました。

(あの時は特にデザイナーだけがどうのというレベルではありませんでしたが、
自分にできることを行動したデザイナーさんももちろんいらっしゃいます。)

ただ、多くの経験をもとに問題がわかり、
それらを回避するための設計や準備はデザインにできることです。

デザインで全てを解決できるとまでいうのは解釈次第とはいえ、
私個人としては傲慢ではないかと考えているので、
できないこともあるとしたスタンスの方が正直だと思っています。

 

♦ 生きるための美しさは贅沢?

実際、『デザインされたもの・こと』は決して安いものにはなりません。

あり方が最適化されたもの(問題が解決された状態)は
きっと価格帯だけでみたらお高めのものになるでしょう。

 

でも、大変な時や苦しい時にこそ、
潤いとしての贅沢・美しさは生活に豊かさをもたらします。

高いものを買おうとか、そういうことではありません。

また、『美しい』というと、
見た目のみによっているように感じられるかもしれませんが、
こうしようと思った想いの発露、意思があるかどうかです。

それは一輪の花であったり、
おいしいスイーツだったり、
1枚の絵だったり、大好きな音楽だったり。

自分好みの装いや、マメに掃除をすることかもしれない。

人が豊かに生きようとしたときに、
どうしようかと考え、生活にうまく取り入れようとするのなら、
それが『デザインの始まり』なのです。

それらを贅沢と呼ぶなら、
贅沢をしましょう!といいたいです。(笑)

 
 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

都心では桜が満開になってきました。
私としては夜桜だけでなく、朝桜も昼桜も楽しみたいです。(笑)

Related Posts