am blog am blog am blog

デザイン

デザインの、近代から未来への流れ

Posted on 2015-03-29

昨日の観にいった『スイスデザイン展』からの
東京大学山中研究室プロトタイプ展2015 “PLAYFUL”』がとても良かったです!

19世紀中期〜20世紀からの現代のデザインをみて、
新しい技術のプロトタイプをみたら
そりゃあ興奮します。(笑)

 

♦ スイスのデザイン

規模でいえば小さくとも(九州くらいの国土)、
グローバル的に有名なブランドが多いのも特長です。

VICTORINOX(ビクトリノックス)
FREITAG(フライターグ)
SIGG(シグ)
Swatch(スウォッチ)
BALLY(バリー)
もっとありましたけど。。。(笑)

 

個人的には20世紀を代表するスイスのデザイナー、
マックス・ビルのポスターや工業製品を
改めて見られたのが良かったです。

ル・コルビュジエといい、タイポグラフィのポスター群といい、
学生時代に学んだから懐かしいというのもあったかもしれません。

その流れを継いで、普通の生活の質を高める日用品を作り出す
現代のスイスデザインを一同に見られたのも面白かったです。
(その場で買えれば良かった気もしますけど。笑)

 

デザイン豆情報ですが、フォントのヘルベチカ(Helvetica)はスイス生まれです。
*macには標準搭載されています。winは知らないけど。。(笑)

 

♦ 3Dプリンタのプロトタイプ

インダストリアルデザイナーの山中俊治氏の研究室からの
3Dプリンタでのプロトタイプ発表なので
技術と機能と美の融合に期待して行ってきました。

私が特に山中さんを知るきっかけになったのは
アスリートの義足にデザインを持ち込んだことです。

Further Step
→ Prototyping & Design Laboratory:美しい義足

 

今回の展示では、まだまだ何に使うとか使えるとかはなく、
いくつかは実験レベルから出ていませんが、
アイデアはいくつも生まれて実行されつつあるのを感じます。
(タネを撒く意味もあっての展示かと。)

あと、チタンを3Dプリンティングって、
プラスチックのようなイメージでしたけど、
金属でもできるのかってカンジです。
(あるいはプロダクト業界内ではもう常識?笑)

そう遠くない将来に、自動車とか飛行機も肢体も臓器も
3Dプリンタで作るようになるのかもしれません!(笑)

 

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

2つとも今日までですが(^^;)、ご都合つくならぜひ〜

Related Posts