am blog am blog am blog

思うこと

死にそうになっても変わらずに生きられるか

Posted on 2014-09-04

いきなりですが、
先日、私の尊敬する方が臨死体験をされました。

事故にあった訳でも、くも膜下や心筋梗塞などの急病で倒れたのでもなく、
夜の食事中、人と話している途中になんの前触れもなく倒れたのです。

目を開いたまま痙攣して倒れ、
瞳孔も開き呼吸もあやしい状態だったらしいです。

それは酔っ払いの倒れ方ではなく、
その場にいた方はすぐさま救急車を呼んだのですが、
さすがにその様子から最悪の事態を思ったそうです。

ですが、幸い(?)にも救急車に運ばれる前に、救急車内で気が戻ったそうです。

ご本人はもう覚えていないらしいのですが、目が覚めた際に、
「向こう側のお花畑に行こうとしたんだけど、名前を呼ばれたから戻ってきた」
と、言ってたらしいです。。。

大事に至らず(?)に安心しました。。。
で、何がスゴいって、
気が戻ってから「大丈夫」と言い自力で帰り、
翌朝4時から日課にしているゴルフの練習に行ったとのことです。

その方は、午前の何時に帰ろうと
夏は朝4時から、冬は朝5時から毎日3〜4時間練習を欠かしません。
(300〜400球打つらしい。うまいかどうかは別です。笑)

つまり、何一つ自分のやりたいことを変えたりはせず、
翌朝から変わらず行動し続けていたのです。

「やりたいことをやって死ぬのなら本望」

「我慢して長生きしても面白くない」

倒れたり疲れていたりしたら、
気が弱くなって落ち込んだり休んだりするのが普通です。
(現に私はよく休みます)

私なら病院へ行った方がいいと思うのですが(汗)、
本人は「人が死ぬ時はあっけなく死ぬ」と信念は変わりません。
当事者ではない、話を聞いただけの私がショック受けているのがおかしいカンジです。

どん欲に生きるとはこういうことかと生き字引をみる思いです。

ちょっと(いやかなり)ユニークな方なのでほとんど参考にはなりませんが、
強烈だったのでブログに残したいと思います。

 

それでは今日はこの辺で!また明日

 

*** 今日の雑談 ***

と、生き死にのネタを書いていてなんですけど、、、

秋冬物への物欲スイッチが入ってしまいました。。。
売り場に行ったら買い込みそうでコワいです(~_~;)

Related Posts