am blog am blog am blog

思うこと

店の席が空いているとき、お客さんを断れるか

Posted on 2015-07-25

CHAIRS 5

 

デザインの仕事は、
完成された商品・サービスを多く売るプレタポルテ式というより、
基本的には依頼されてオーダーメイドで作り上げるオートクチュール式です。
(いろいろあるにせよここでは言い切ります。)

そのためデザイナー次第・仕事内容で価格帯がけっこう違うと思われます。

ファッションでみるとTシャツひとつでも
ユニクロとイヴ・サンローランでは価格帯が全く違いますよね。

 

♦ できる仕事とやりたい仕事

その上でグラフィック系のデザインというと、
広告・販促・web・パッケージなどなど多岐にわたりますが、
クライアントのニーズにあわせ
オーダーメイドで作り上げるオートクチュール式が多いです。

 

オートクチュールな分、できる仕事の分量に限りがあります。
チームを組みスタッフを抱えたとしても限界はあります。
なので忙しければ厳選しなければなりません。

忙しいなら厳選もやらざるをえないのでやりますが、
悩ましいのは空いているときです。

さらにいえば
できる仕事が必ずしもやりたい仕事でないときです。(苦笑)

 

♦ 目の前の仕事は全てチャンス?

ウチのようの小さい制作会社では
売り上げ的に受ければ月100万単位で変わるとなれば、やはり考えます。
余程危ないかイヤな案件でなければ、その場だけで結論は出さないです。(笑)

内制するので外注費かからないから利益は大きいですが
その分朝から晩まで、ヘタすりゃ晩から朝までかかりっきりになるでしょう。

身を削るどころか、
正に命を削るように仕事することになります。

そうなると「それ、本当に“仕事”?」と自らに問わざるを得ません。

 

♦ 店の席が空いている時、お客さんを断れるか

近所のたまに行くお気に入りのbarがあります。
そこのマスターも一人で切り盛りしていまして、個性的な店です。

barなのに季節野菜のお手製おしゃれサラダが出たりとか。
それが絶品で。(笑)

その彼と話をしていたら、全席空席であっても
雰囲気の違うお客さんはお断りするらしいのです。
(丁寧にですよ。笑)

違和感を持つお客さんはお店に入れないのだと。

まあ、もちろん他にお客さんが入っていればこその対応になりますが(笑)、
商売をするなら自らの基準を持つのはやはり大事だなぁと。

断る時にこそ、基準が見えるとでもいいましょうか。

売上げが立つからと
なぜ仕事しているのかわからなるものにまで手を出しては
いくら時間と体があっても足りません。

「未来につながらないのなら貧乏でもヒマで遊んでいた方がマシ」とは
ボスの言葉ですが(言葉尻は多少違います・笑)、
自分の軸からブレた仕事かどうかの判断は、
空いているときほど問われるなぁと思うのでした。

 

 

今日も来てくれてありがとうございます^^

それではまた!

 

*** 今日の雑談 ***

午前中に先週から通いだした鍼灸院へ。
おかげで頭がともて軽くなりました!体質的に鍼はよく効くんですよねー

Related Posts