am blog am blog am blog

書く&描く

健康な思考

Posted on 2017-06-13

 

こんにちは、水沢あゆみです。

朝から梅雨らしく雨です。@東京

 

ブログは毎日更新していたものを
一度止めてしまうと、
むしろネタが尽きるカンジがします。
(毎日書いても尽きるときは尽きますけど。笑)

毎日書く方が
頭の片隅でいつも準備していて、
準備は毎日やってないと
消えてしまうようです。

まあ、更新目的なら書き溜めたり、
メモをとっていればいいのでしょうが、
「今日の言語化」がいいんですよね。

手で書く日記とはまた違う感覚です。

 

自分との戦い、とまでは言いませんが、
振り返ってみて
単に面倒な気分に負けた日などは
やっぱり凹むので。(笑)

『毎日の言語化』は
頭のウォーキングみたいなカンジで
やらない方が不健康なくらい
健康な思考には大事なエクササイズです。

短めですが今日はこの辺で。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

甘酒を飲み始めて2ヶ月強。
元気になってるかは「?」ですけど、
今年は夏バテしないで過ごせるはず。(暗示中・笑)

【 昨日の1日1新 】
新商品の試食

※詳しくは→「1日1新

 

やり方って、もっとユルく考えていいものだと思ってます

Posted on 2017-06-01

 

こんにちは、水沢あゆみです。

今日から6月。
ちゃんと梅雨空になってます。@東京

 

文章を書く習慣はブログだけでなく、
他に『A5サイズのノートに
1日1ページ分を書く(心象風景文章化)』を
持っています。

この『1日1ページを書く』習慣も
やめてみてけれども(笑)
やっぱり再開した習慣の1つです。

 

ただ、1ページ書くのに
日によってかかる時間に差がでます。

20分程度で終わるなら負担に感じませんが
30分を越える日もなくはありません。

ブログも日によって変わるので
同じようなものですね。

しかし日によって時間が変わってしまう習慣を
いくつも持つのはちょっと苦しくなる日もあり、

そういうのもあって
一度手放したという経過があります。

 

で、その解決として
量ではなく時間で区切ることにしました。

1ページではなく、
15分書くのです。

1ページ書くという習慣に求めているのは
自分との対話、
もっともプライベートな内省・内観の時間です。

とするなら、
分量にこだわることよりも
毎日その時間を確保することの方が
大切ではなかろうかと。

1度、立て込んだ時期に
2〜3行とか、5分とか、
超短縮バージョンもやってみたんですけど、
ゼロにしないだけマシな程度で
求めた効果性に疑問が生じました。

15分なら集中しやすい時間量ですし、
30分だと厳しく感じる日でも疲れていても、
なんとかやり切れます。
(ブログを休みした日でも・・・笑)

 

これはやってみてわかったことですが、
1ページの書けた分量で
ペンの乗り具合が後からわかって
ちょっと面白くも感じています。

 

成長を求め
毎日続ける分量を決めることも
もちろん大事です。

しかし毎日大事だと考える全ての行動に
それを適用するのは正直難しいです。

全体から見て
求める効果性を見つめ直し、
やり方に縛られ過ぎずに
柔軟に対応を変えることを
良しとしましょう。

 

そう考えているから、
ブログもよく“再開”しているワケです。

 

書いてて思いましたけど、
「○○でなきゃダメ」という考え方が
好きでないだけかもしれません。(笑)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

今日(2017年6月1日)から
建築家の谷口吉生氏の日経新聞『私の履歴書』が始まりました。

東京国立博物館法隆寺宝物館を設計した建築家で、
その空間の美しさにハッとさせられたのを
とてもよく覚えています。

なので、夢の国
リピーターにならなかったわたしにとっては
今月の方が楽しみです。(笑)

【 昨日の1日1新 】
アスクル法人申込

※詳しくは→「1日1新

 

基本の学び直し

Posted on 2017-05-25

 

こんにちは、水沢あゆみです。

久々の雨模様です。@東京
雨でも涼しいうちはいいんですけどね(^_^;)

 

スケッチを改めて学び直そうと
とある本を選んだんですが、
たかがスケッチ、されどスケッチ。

選んだ本が思った以上にいい本で、
『モノを見る』という人間の行為は
どういった構造になっているのかを
脳の視覚認知、数学、心理学、歴史、表現技法から、

またテクノロジーの発達する現代において
スケッチによるアイデアへの能動的・受動的な役割、
デザイン思考と切っても切れない関係などを
体系的にまとめられていました。

学生のときに学んだことよりも
深化した知識がまとめられており、
改めて学び直すことの重要性を実感しました。

知っていると思っていたことは
古くなる・変わっていくのが当たり前なのだと・・・

 

話はそれますが、
思えばわたしの子どもの頃の
恐竜の絵には羽毛はなかったけれど、
今描かれる恐竜には羽毛がありますものね。

 

選んだ本はデザイン系の書籍ですが、
本屋でチェックして購入しました。

今の会社をどこにするかを検討した際に
決め手の一つが
デザイン・アート系に
強い本屋が近くにあることでした。

 

当然Amazonでも探しましたが
内容をせいぜい数ページで確認するだけでは
求めている本なのかのやっぱりわかりません。
(確認できればまだしもないことも多いし、
レビューも判断材料にするには微妙)

手当たり次第購入するのは
予算的にも場所的にも
無駄が多いのでできませんでしたし、

相応のレベルの本を置いてある本屋が
近くにある安心感というか
頼りになるというか、

この場のこういう価値にお金を払ってんだなーと
また別の意味で思ったりしました。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

取引先の取引銀行から
申請書類のハンコの押し方にNGをもらいました・・・
端っこが重なっているのは無効だとかで・・・
しかも押し直したつもりの箇所・・・
書類作成は苦手だというのがわかりました・・・

【 昨日の1日1新 】
サラダ丼・卵のせ

※詳しくは→「1日1新

 

どのジャンルであれ、同じように道を辿る

Posted on 2017-05-23

 

こんにちは、水沢あゆみです。

 

『絵をうまく描く』
つまり、
「自分がイメージしたものを描けるようになろう!」と
決意したのは今月のGW中。(笑)

始め植物を描こうとしたけれども
今のわたしには最初の階段の一段目しては
段差が高すぎたようで早速休止。(苦笑)

まずは「スケッチ」を描けることを目標に。

今は描けなくはないけれど、
もうちょっと技量が必要なレベル。

パースなどの描く際の原理を理解した
ラインをまだ描けないカンジ。

ここはできるところから、
ということで
改めて基本中の基本を
本からおさらいしています。

 

スケッチも確立された技法です。

ランニングやスイムなどのフォームと同じで
正しく動かないと速くならないように
正しく描かないと描けるようにならないのです。

そして体が覚えるまで繰り返しの訓練も
同じように必要です。

手が覚えるよう練習あるのみです。(^_^;)

また、描いたものがどう間違っていて、
どう直すのが正しい方向なのかを
指摘・指導してくれる師匠や
先生が必要なのも同じです。

何かを体得しようと思ったら、
どのジャンルであれ
辿る道は同じようなもののようです。

 

大きくはAI(人工知能)に置き換わらないうちに
アイデアやイメージを
ちゃんと描き出せるようになっておこうと
目論んでます。(笑)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

昨年(2016年)、
いつも買っていた洋服屋が閉店して以来、
服の購入コストが上がっています。

値段ではなく、似合って気に入る服を
探す・見つける時間コストの大幅アップです。

それまではその店に行けばいいカンジのを買えたのに
今は探さなければいけません・・・

探すのが面倒で、
閉店以来洋服を買うこと自体が減ってます。

なので結果的には良かったような・・・(笑)

【 昨日の1日1新 】
キョクトウ ロイヤルカレッジノート エジンバラ A5ノート使用

※詳しくは→「1日1新

 

イメージがあった上での練習は、間違いに気づきやすい

Posted on 2017-05-18

 

こんにちは、水沢あゆみです。

昨日今日と
ブログに使っている写真の花は
キウイです。

あの果物のキウイです。

ウォーキングコースに咲いています。(笑)

 

GW中に「絵がうまくなりたい」と思い立ち、
モチーフも興味のある植物を対象に
デッサン・スケッチを始めました。

しかし書き続けるのはいいとしても、
現在のやり方だと
自分がイメージするうまさにならなさそうだと
早々に気づきました。

要は「スジが悪そう」なのです。

うまくなるには
うまくなる方法で努力をしないといけません。

始めたばかりなのに(苦笑)
行き詰まりを感じ、どうしようかと考え、
絵画教室とかに行くことも一瞬よぎりましたが
わたしの求めていることは
そういう方向じゃなさそうだし・・・

奥の手、師匠に相談です。(笑)

 

ポイントは
すでに描くイメージがあった上での
修練だということです。

イメージを探りながら描くのなら
ひたすら描き続けるしかないと考えています。

自分以外は誰にもわからないものだから。

 

で、プロダクトデザインの描き方を
修練することにしました。(笑)

こちらも学生の頃に
ちょっとかじったくらいなので
修練の超基本、簡単なモノ(円柱とか)から
描いていこうと思います。

 

Prototyping & Design Laboratory | 東京大学生産技術研究所 山中俊治

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

一昨日やった腕立ての筋肉痛が今朝に・・・凹

【 昨日の1日1新 】
とあるエクササイズ

※詳しくは→「1日1新

 

“憧れ”こそ、一番最初に始めることだった。

Posted on 2017-05-07

 

こんにちは、水沢あゆみです。

GWになって暑くなりましたね。@東京
昨日、今季初のエアコンをつけました。

 

■ “憧れ”になってしまった好きなこと

子どもの頃、絵を描くのが好きでした。

小学生の頃、
クラスに1人や2人いた
絵のうまい子・得意な子、
そんなカンジです。

(かけっこはビリから数えた方が早く、
今思えば得意不得意の
わかりやすさは抜群だったなと。笑)

 

わたし自身もデザイナーになりましたので
平均よりうまい方ではあったと思います。

けれど進学し社会人になるにつれ、
いつの間にか「絵(を描くの)がうまい」ことに
憧れるようになりました。

要は描かなくなったんですよね。絵を。

*どういう絵を「うまい」と思うかは別の話ですし、
ちゃんと語れる自信もないので
ここでは詳しく触れませんが
「自分がグッとくる絵を描けること」とします。

 

仕事柄、図やイラストは描いたりしても
自由制作は非日常となりました。

 

■ やらない理由の方がなかった

やりたいな、と思い始めてから
気づいたら数年・・・(怖)

鉛筆とスケッチブックはあるのに・・・

 

もっともっとやった方がいいことが
他にいっぱいあると思っていたからです。

でも、自分の目標というか、
やりたいことを洗い出したときに
ハタと気づきました。

一番の欲求を後回しにしてまで
やった方がいいことには
どんだけ価値があるんだろうか?と。

IT、AIとか人間に置き換わると言われている中で
人と代替えできないこととして
もっとセンスを磨くことに
重きを置いていいのではないだろうかと。

そっちがもともとの強みなら(天才ではなくとも)、
むしろそっちやった方がいいじゃないかと。

IT含め、いろいろ得意じゃないんだし。(笑)

得意なこと磨く方が結果はどうであれ
後悔もないでしょう。
(そりゃ結果は欲しいけど。)

 

■ どれくらいやるか、の時間軸

現在の欲求は自由に描くというより
デッサンしたい欲求です。

写し取りたい。その存在を。自分で。
カメラじゃダメ。

写真を見て描くのも違うのです。

目の前でで見たものを描く。
(難易度も目で見るものを描く方が高い)

 

おそらくですが、毎日描いたとしても
自分で納得のいくレベルになるには
10年くらいかかるとみています。

楽器の演奏と同じで
相応の量の鍛錬が必要だから。

1年でもそれなりにうまくはなるけど
自分が良しとするレベルに至らないだろうと思います。

 

引き合いに出すのも恐れ多いですが

北斎ですら、
「90歳で絵の奥意を極め、
100歳で神妙の域に到達し、
百何十歳になれば1点1格が
生きているようになるだろう」

と言っていたくらいだから、
修練ものに焦りは禁物です。

 

描く対象は主に植物。

昨日スケッチしたら久々だとはいえ
下手で凹みましたけど、続けます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

昨年末2ヶ月間で4回くらい風邪を引いていましたけど(汗)、
最近やっと体力が戻ってきました。
(春バンザイ!笑)

特に今の季節は朝のウォーキングが気持ちいいです。

【 昨日の1日1新 】
10kmウォーキング後の部屋掃除

※詳しくは→「1日1新

 

「どうしてこんなに惹かれるのか」をじっと観察する

Posted on 2017-01-18

 

理由はわからないけど、
妙に惹かれるものに出会うことがあります。

とある映画の世界観であったり、
カッコいいアスリートだったり、
プロでなくとも個人で発信しているブログの文章だったり。

 

■ 何がいいんだろう?

2017年に入り、
改めてブログの雰囲気をマネしたい人の
記事を最初から読み直しています。

マネしたいのはあくまで雰囲気で、
内容そのものじゃないですよ。(笑)

 

実はこの感覚、
デザインをするために常に問うことで、

カッコいい、カワイイ、ステキ、いいなぁ、と感じたとき
『何を「いい!」と感じたんだろう?』と
脳内では自動発動しています。

もうクセです。(笑)

お固く言えば、
見た瞬間に「分析が始まっている」カンジです。

 

■ 感情が動いた、そのポイントへの細かい自問

つまり、『観察』をする。

改めて『観察』の意味を調べてみると、

【観察】
1 物事の状態や変化を客観的に注意深く見ること。「動物の生態を観察する」「観察力」
2 《「かんざつ」とも》仏語。智慧によって対象を正しく見極めること。
(出典:デジタル大辞泉

とありました。

(2とかカッコいいですね!笑)

 

内容も大事なんですが、
内容だけを追っているのではなく、

書き方などのテクニックもありますが、
テクニックだけでなく、

対象が持つ有機的な魅力を自分のものにできないか、
今は細かく観察をしている最中です。

そういった時にわたしが自戒として意識していることは、
一度見ただけでわかった気にならないことです。

 

そのブログを今電車で読み始めてまして、
だから電車でブログ書くの止めようと
思い至ったのもあります。

どう作っているのか書いているのか、
心の動きと言うか、
何を思って書いているのかの深く読み解こうと読んでいます。

 

■ そしてマネる。

文章に関しては毎日のアウトプットの場があるので
毎日パクろうと(笑)実践中です。
(全然ほど遠いですけれど・・・・^_^;)

文章でマネると決めてやったことがないので、
どうなるかはやりながらの検証になりますけれど、

「どうしてこんなに惹かれるのか」を観察するのは
対象は限定されないと思っています。

人間にとって究極的に対象は
“人”と“自然(科学含む)”になると考えています。

 

意識して自分が惹かれたものをみると
いろいろと発見も多く、
「観察」、改めてオススメです。(笑)

 

 

最後に全くの余談ですが、

多くの女性はなんでもカワイイと言うと、
多くの男性は思われるかもしれませんが、

これからはそれだけ魅力あるものへの
感度が非常に高いと思ってください。(笑)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

久しぶりにブログ更新を夜ではなく朝に。
以前はこのスタイルでしたが、改めて再開。

今朝は気合いで起きたので(笑)、
今晩は早く寝るようにします。

【 昨日の1日1新 】
Books and Modern(書店兼ギャラリー)に行く

※詳しくは→「1日1新

 

絵ではなく、 “図”を入れる

Posted on 2017-01-13

昨日のブログに、
内容をわかりやすくするために
写真ではなく線画を描いて入れました。

時短を目指しての線画でしたけど、
イメージに合う写真を探すより苦じゃないし、
描くのは楽しいし(どハマり注意!)、
メッセージを図で追加するのいいかも、と
気づきました。

えっと、、、
今さら感満載ですが。(笑)

 

ポイントは絵ではなく、
“図”を入れることです。

 

昔ブログに『ブログと絵日記』というエントリを書いてますが、
そのブログ応用編といったカンジです。

 

文章にするのも、図にするのも、
思考の過程は同じであり、
また大元のメッセージが共通しいるなら
単に表現先が違うだけのこと。

どの表現先でも
メッセージを明確に理解していないと書けないのは共通です。

さらに特に図は構造のビジュアル化なので
入れるのなら簡易版とはいえ侮れません。
(手ヌキじゃないよ!笑)

 

 

最後に、

ブログに載せるからといって、
絵や図の構造に自信があるわけでは正直ないです。

逆にヘタがバレるとすら思いますよ・・・(汗)

文章の方がプロじゃないと思える分
ヘタでも気楽なんですよね(^_^;)

わたしにとって図(絵)はそうはいかないので
真剣味が出ていいカンジです。

 

専門性と、シェアできる知恵と。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

『1日1新』をブログからこっそり消してましたが
最近またこっそり『*今日の雑談*』の下に載せてます。(笑)

ブログが毎日更新だと
これを書くために「今日新しいことしたっけ??」と
意識が強く向いていいですね。
改めてメリットを実感中〜

【 昨日の1日1新 】
スケジュール表の仕様変更

※詳しくは→「1日1新

 

多すぎの『書く習慣』を減らしました

Posted on 2017-01-02

 

昨年(2016年)は
日記(タイムレコーディング込み)やブログ、
心象風景文章化など、
いくつかの『書く』習慣が自分にとってどうあるのがいいのかを
あれこれ検証していました。

 

■ 書いていたもの

主に書いていたのは
・日記
・ブログ
・A5サイズのノートに1日1ページ分を書く『心象風景文章化』
の3つです。

(10年メモ的なもの年初にあったのですが、すぐ止めました。笑)

やはりどれも目的ナシで書き続けることはできません。

しかしどれも相応に『いいこと』であるがゆえに
日常の中で時間配分がままならない時には
どうすんのさっていう状態に・・・

 

■ それぞれの『書く』課題が絡まってきた

日記に関しては書く(描く)こと自体が
そもそもキライではないですし、
結構イラストとか描いて楽しいんですけど(笑)、
時間の目盛りから書いていたから
面倒になる頻度が高くなってました。

あと1日を細かく書きすぎて(汗)、
1週間、1ヶ月とある程度まとまった流れでの
検証がしずらいという課題も見えてきました。

 

ブログも情報発信のベースとし
毎日やろうとするも思考をまとめながら書くので
内容の割には結構時間がかかり
その負荷に自分が耐えられず(苦笑)、
休養日が多くなったりしてました。

 

『心象風景文章化』は内省にはもってこいとはいえ、
毎日日記やブログも書いて
さらにこれも30分程度かけて書くのは
1日『書く』だけでいっぱいいっぱいな時も・・・

 

■ 『書くこと』の目的を問い直す

やり方をあれこれ変えながら検証していって
それぞれの目的を問い直しました。

日記は効果と効率を検証しやり方を大幅に改め、
『心象風景文章化』は止めることにし、
その時間分をブログに充てます。

思考を巡らせ自分の考えを言語化するために
とにかく速く、ということに主眼を置き
再度『ゼロ秒思考』をやっていくことにしました。

じっくり文章を書きたい訳ではないということが
あれこれ書いてきたからこそ十分にわかったので
変えることができます。

 

目的を問い直して『書く習慣』の大幅な変更を繰り返した2016年ですが、
今回もやってみて違和感を感じたら
ちょこちょこやり方を変えていくでしょうけど、
2017年はその上でレベルを少しずつ上げていきたいと考えています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

昨日会った母と伯母(二人は双子)から
それぞれの家で観た紅白歌合戦の話の中で
「松田聖子の時にうたた寝しちゃったのよ〜!」
「え〜っあたしも〜!!ちょうどそのとき寝てた〜!」
という双子シンクロニシティを聞きました。

双子はいくつになってもあるんですよ、
そういうのが。(笑)

 

本は、すぐ読まないなら買わない

Posted on 2016-12-25

 

電車での移動時間中に
『ブログを書く・ネタを練る』を決めてから、
その時間に充てていた読書が減りました。(汗)

読んだ総量が少ないとの自覚がある分、
とにかく読まなきゃと
焦って読んでいる感がなきにしもあらず。

(10代〜20代とほぼ読書してない
そのツケですね。。)

かといって読んだ1冊1冊が
ちゃんと血肉になっているかと問われたら
心もとない状況です。

 

■ 『アクション リーディング』を読みました

ということで、
ゼロ秒思考でお世話になった
赤羽 雄二氏の『アクション リーディング』に
読み方のヒントを求めて読了。

詳しい書評は他の方のブログにもあるので
そちらへ譲るとして、
個人的に読んで良かったと感じた考え方が3点。

 

1)読むなら集中して読む(30分)
スケジュールに重要項目として組み込むことを推奨。
移動中などに読むのが悪い訳ではないのですが、
それができなくなった今のわたしに刺さりました。

2)5年後をイメージして読む本を選ぶ
こういう発想がそもそもなかったです・・・(汗)

3)本はすぐ読まないなら買わない。
積読対策と、読みたい気分の鮮度を逃さないため。
1冊を集中して読むので今すぐ読むのでなければ買わない。

 

■ 読後の行動のためのツール

『アクション リーディング』がさすがだと思ったのは
読むだけで終わらさずに読後の行動につなげるための
記入式のフォーマット『チャレンジシート』が用意されていること。

A4用紙に下記4項目を記入するだけ。

・読んだ目的、
・良かったと思ったこと、
・今から何をするか、
・3ヶ月後何をするか・どうなっていたいか、

質問が明確だと
アウトプット(答え)もしやすいです。

 

これは本だけでなく
セミナーや勉強会にも応用できるフォーマットですし(体験済み)、
映画にも使われている方もいらっしゃるようなので
インプット全般に使いやすそうです。

わたしの場合は
ギャラリーや美術鑑賞でも“有り”になりそう。

 

『アクション リーディング』から基本だけど、
目的や読後の行動を明確にせずにいたがゆえに
受け身な読み方にしかなっていなかったのを自覚しました。

 

■ そもそも何のためにやっているのか

読書にしろ、ブログや日記にしろ、
結局「何のための行動なのか」を
自分でハッキリさせるのが重要です。

もちろん最終的にはその行為自体を
楽しむことが理想ですが、
筋トレでスタイルアップするとわかっていても
筋トレが習慣化していなかったり(個人的体験談)、

あるいは
何が本来の目的だったのかが不明瞭になり
ただこなすことが目的化してしまったり。

 

目的のない散歩は
それはそれで幸せで楽しいものですが、

今とは違うところへ行きたいと思うなら、
どこに向かって歩いていくのか、
もしくはどう行くのがいいのかを考え
決めなければいけませんよね。

 

ちょうど(?)年末年始。

自分の行動の棚卸しと
目的の再リンクをするのにいいタイミングです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

 

*** 今日の雑談 ***

メリークリスマス☆
連休中、少年マンガ『NARUTO』を
ツタヤのレンタルコミックで読もうと思ったら、
同じようなこと考える人は多いようで
借りられてて続きが読めない・・・(~_~;)

ヘタに全巻あると徹夜してでも読んでしまうので
レンタルくらい不便な方がマンガはちょうどいいのです。(苦笑)