am blog am blog am blog

思うこと

「クリエイティビティ」とは「ちょっとしたこと」

Posted on 2017-05-06

 

こんにちは、水沢あゆみです。

お天気に恵まれ
今日も気持ちいいです。@東京

 

■ お客さんが喜ぶものを

GW中、天気予報が見たくてTVをつけたら
番組の特集で築地の場外市場が外国人観光客に
食べ歩きグルメスポットとして紹介されていました。
(築地市場自体はいろいろ揉めてますけど・・・)

場外市場でのおいしいもの巡りは
昔からありましたが、
『食べ歩き』に特化したメニューが
花盛りとのこと。

 

観光客向けに

買いやすいお値段
(素材によって価格は変われど)で、

歩きながら食べやすくて、

見た目にもおいしそうで、

食べてもおいしいメニュー。

全てお店の人達の創意工夫から生まれていました。

 

いなり寿司に
ウニやイクラをたっぷり乗せたり、
うなぎを串焼きにして1本200円で売ったり
(1串を小さくして価格を抑えた)、
卵焼きの串焼きも。

とあるお店が「ウチも!」ということで
ある商品を売っていたけど
なかなか売れずにいて、
串刺しで売ったらバカ売れしたという話が。

なにを串刺しにしたと思いますか?

答えは、イチゴ。

しかも珍しい白いイチゴを。

答えを聞くとなんでもないことだけど、
気づいたのがすごい。

商売の基本で
お客さんがどうしたら喜ぶかを考えて
アイデアを出し、
その発想の柔らかさも勉強になりました。

商売の柔軟性を見たといいましょうか。

 

■ イノベーションとクリエイティビティ

あと、イノベーションって
こういうちょっとしたクリエイティビティのことだよなぁと。

よく『デザイン思考』という言葉が
もてはやされていますけど
(私がそう感じているだけかもしれませんが)、

イチゴの串刺しのように、
ほんのちょっとしたことを
思いつくかどうかだけなんですよね。

 

デザイナーだから
イノベーションでクリエイティビティ(笑)なのではなく
(発想に職種・老若男女・ヒエラルキーの上下は関係ない)、

相手を思っての、ちょっとした工夫。

難しく考えないで、
こういうもんだと思い込まないで、
ちょっとした、
ありそうなことを。

柔く柔く。
ユルくユルく。

と、めちゃくちゃ自戒を込めてます。(^_^;)

 

■ ちょっとしたことを気づけるスゴさ

結果が出る前は特に、
ちょっとしたアイデアがちょっと過ぎて(笑)、
大したことないからとスルーしてしまったり
その発想の良さがわからなかったりすることがあります。

これはホントに
自分でもやらかしてしまいそうですし、
気をつけましょう、お互いに、
としか言えないです・・・

でも、イチゴの串刺しのように
『ちょっとしたことの大切さ』を
心にとめておくだけでも、
感覚的ですがスルーの確率は
下がるのではないでしょうか。

あと大人は誰々が言ったから「イイ! or ダメ!」も
ありがちなので気をつけましょう。(笑)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

昨日は某コミュニティで『元帥』と呼ばれる税理士さんから
初の経理コンサルを受けました。
(ありがとうございました!)

会社で給料から天引きし
税金や社保・年金の支払い手続きしてますけど、
こんなにいろんなところへ相応な額を払っているんだから
個人でやるようにしたら(効率よくしないとダメだけど)
否が応でもみんなが政治に関心持つんじゃないでしょうかね。
誰の金でやってると思ってんだ!って。(笑)

うがってみれば関心を持たれないように
会社が代わりにやることにしていそうですけど・・・

【 昨日の1日1新 】
経理コンサルを受ける

※詳しくは→「1日1新

Related Posts