am blog am blog am blog

思うこと

月の思い出は、いい話の可能性が高い

Posted on 2016-09-17

一昨日15日は中秋の名月はでしたね。
月は見られましたか?

東京の天気は雲に覆われ、
朧月でなんとかといった感じでした。

 

♦ 満月は今夜

中秋の名月の夜に満月とは限らないのはご存知でしょうか?

わたしも先日のニュースで知ったくらいなんですけど。(苦笑)

 

東京は昼間は太陽が雲間から覗いてましたが、
今夜はどうでしょう。

月が見れると
なんだか嬉しいんですよね。

 

♦ 思い出に残る月を見た場所を『茶杓の銘』にする

茶道ではお道具の一つ一つに銘が付いています。

ただ、普段のお稽古時には
茶杓(ちゃしゃく:抹茶を容器(茶器)からすくって茶碗に入れるための匙。Wikipediaより)に
季語など季節由来の言葉を月ごとに銘として付けたりしています。

他のお道具ではなく茶杓に付けることが多いですが、
その理由まではわかりません。

 

*****

めい【銘】

1 金石・器物などに事物の来歴や人の功績を記したもの。「碑に―を刻む」
2 特にすぐれた物品につける特定の名。「―を付ける」
3 製作物に入れる製作者の名。
4 心に刻み込んでいる戒めなどの言葉。「座右の―」

コトバンク/デジタル大辞泉の解説より)

*****

 

今月は中秋の名月がありましたので、
月にちなんだ銘に、

『思い出に残る月を見た場所を『茶杓の銘』にする』

というお題が出されました。

 

♦ 月の思い出は美しい?

私の月の思い出は千葉の三里塚(成田近辺)です。

小学生の頃、夏にキャンプみたいなことに行って、
肝だめしをやった夜がちょうど満月で。

林?の端にいて、
たぶん水田の上、雲一つない夜空に満月が煌煌と輝いていて、
真っ暗で街灯もないのに
影ができるくらい月夜が明るいのを生まれて初めて体験して、
子ども心に驚いたのが強く印象に残っています。

前後の肝だめしやキャンプには全く記憶がないのに。(笑)

 

その茶杓の銘によって
他の生徒さんの月の思い出話を伺うことになったのですが、
どなたも印象的だったんですよね。

『竹富島』の月とか、オシャレなのもありました。(笑)

 

ぜひ思い出して友人・ご家族とシェアしてみてください。
結構いい話が聞けるだろうし、語れる(笑)と思います。

あなたが一番印象に残っている月を見た場所、
シーンはどんなでしたか?

 
【 今日のまとめ 】

月の思い出を聞いていると、いい話が聞ける可能性大!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた☆

 

*** 今日の雑談 ***

わたしは最高血圧100くらいの低血圧なのですが、
今朝の『日経プラス1』の記事の中に
血圧を上げる効果が期待できる成分の入っている食べ物として
チェダーチーズの紹介が。。本当に効果あるんでしょうか?

もちろん買ってきて食べますけどね。
こういうのは自ら実験しないと。(笑)

Related Posts