am blog am blog am blog

デザイン

今年一番注目したお正月広告 @2015年

Posted on 2015-01-06

お正月には新聞を『読む』というより、よく『見て』います。

広告を。(笑)

 

♦ 企業の指針表明

一般の方は新聞の広告は
「邪魔臭いわー」と思われているかもしれませんが(苦笑)、
業界誌などでは特集を組まれるくらい
お正月広告は気合いの入ったものです。

新聞という媒体を通した各企業の年始のご挨拶ですから、
今年一年に向けて何を思い、
どんなサービスや商品をメインに売りたがっているのか、
それぞれの会社の特徴が見て取れます。

 

♦ 経営者が変わると広告も変わる

今年、私が目を引いた広告は資生堂のものです。

うちでは日経一誌のみとっていますので、
実際に資生堂の広告を見たは元旦ではなく昨日の1月5日です。

レディー・ガガの写真と、大きく配置したロゴと大きめのコピー。

この広告を見た時、写真にナンバリングがあったので
他紙にも違う写真で掲載してそうだなーとググってみたところ以下の通り。

 

資生堂、2015年 新年広告

2015年新年広告として、
Lady Gaga(レディー・ガガ)のセルフィー写真50枚(50種)を、
新聞50紙に1枚(1種)ずつ掲載しました。

http://www.shiseidogroup.jp/corporate-ad-2015/

 

なんて贅沢な。(いろんな意味で・笑)

個人的には一瞬アジア一帯のキャンペーンかと思ったのですが、
国内だけの展開なんですかね。(今後あるかもしれませんが。)

 

資生堂は見せる(魅せる)ことに長けた企業の一つですが、
近年の状況は厳しく、
昨年も初の外部から社長(魚谷雅彦氏)を
招聘したのは多くの方がご存知かと思います。

その後の初の元旦広告。

今までのコーポレートスローガンだった「一瞬も 一生も 美しく」もなく、
新しいコピーは「with you.」。

これからは寄り添ってくれるようです。(笑)

メッセージが変わる時は
その企業がどうあるのかのビジョンを変えた結果ですので、
今後の広告や商品、サービス展開などとても興味深いです。

 

♦ 広告は誰のため?

『広く告げる』と書く『広告』。

特に新聞広告なんて
もう一般のためにあるものではなくなったのではないでしょうか。
(感想にすぎませんが。)

大企業では所属している人や関係者も多いので、
企業内ブランディングとして出稿することがあります。あと株主向けなど。
リクルートしやすいように社員の家族・親戚対策というのもあります。(笑)
(あの広告うっていた会社なら大丈夫そう、みたいな。)

 

私も職業上注目していますが、
そうでなかったら完全にスルーです。

それでも枠組みがハッキリしているので、
デザインの構造の勉強するにはうってつけなんですよね。(笑)

これは毎日チェックしていますし、
たぶんずっと続けていくと思います。

溜まって処分が大変だったりしますけど。。

 

※今エントリーに書いた内容は全て私の一見解です。
各企業・団体の意見ではございません。
わかりきったことですが一応書いときます。(笑)

 

それでは今日はこの辺で!また明日

 

*** 今日の雑談 ***

今さら感のあるネタですが、冬は早起きが難しいです。(笑)
私の感覚では1時間ほど遅くなります。
要は冬は1時間ほど長く寝ることになるのですが、
この1時間を1日24時間の中でどう調整するかが結構悩みどころです。。。
(睡眠時間を削れないことはもう十分にわかりました。。)

Related Posts