am blog am blog am blog

よもやまばなし

古来のたしなみは自分をあぶり出す

Posted on 2014-10-05

ご縁がありまして、最近囲碁を教わりました。

将棋やオセロは子どもの頃から遊んでいましたが、
囲碁は全くの未体験ゾーンでした。

ルール等は語れるほど理解していないので割愛しますが、(笑)
初心者でも(初心者だからこそ?)打ち方に個性が出るみたいです。

茶道も10年近くたしなんでいますが、
こちらもお茶の点て方・所作に個性が出ます。

意識していない部分、自分も気づいていない“私”が
型のある行動に当てはめた時に、あぶり出され見えてきます。

 

私の場合、
茶道では次に意識が行き過ぎて今を無くしてしまうこと。

囲碁ではパッパと打っているらしいです。
そう言われたのでそうなのだと思います。(笑)
要するに考えずに次に行く。(汗)

『先を見通しながらも“今やること”に集中しましょう』
といったところでしょうか。。。

古来からあるたしなみが
長い歳月に多くの人を魅了してきたのは
己の課題が見えるからこそなのかもしれません。

 

そういえばマラソンも起源は古いですよね。

周りに走る人が多くいらっしゃるので
もしかしたら似たようなことを感じているのかなと思いました。(笑)

 

それでは今日はこの辺で!また明日

 

*** 今日の雑談 ***

明日は朝から台風の影響が強そうなので会社を休みにしました。
その分はちゃんと今日働いてきましたけど。(笑)

Related Posts